ISSUE☆グリーンズ企画 greenz by styles

7 months ago - 2016.05.06

SHARES  

平和な未来を実現する立役者は、あなた! 平和実現に必要なことを教えてくれる映画をまとめてご紹介します!

gplpeace

greenz playlist」は、読者のみなさまの「毎日見れないから、いいとこどりしたい!」「過去の記事からも、なにか面白いものを見つけ出したい!」という声に応えて、まるでDJのように、過去の記事をテーマ別にリスト化していく企画です。

みなさんは、どんな映画が好きですか?

ラブストーリー、コメディ、アクション、ホラー、ドキュメンタリー…… 映画には、いろんなジャンルのものがありますよね。最近では、東日本大震災や、環境や食などの社会課題をテーマにした映画も多く公開され、映画を通じて世界中で起こっている問題を知る機会も増えたのではないでしょうか。

今回は、日々公開される多くの映画のなかから、「平和」をテーマにした作品をまとめてご紹介します。「平和」というのは、聞き馴染みのある言葉ですが、日常生活で考える機会はあまりないかもしれません。だからこそ、ちょっと時間のあるときに、これらの映画を観ながら考えてもらえたらと思います。

それでは、どうぞ!
 
「本物の戦争の映像」と向き合い、自分の戦争の関わりあい方に真剣に悩む。ドキュメンタリー映画『それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~』 by 石村研二さん
 
playlist_01

何のために「戦争」をするんだろう?

自由と民主化を求めて活動していたシリアの青年たちが、いつしか反政府軍へと姿を変え、武器を手に戦う様子をとらえたドキュメンタリー。

”普通”だった青年たちが命を犠牲にしても戦い続けるその理由とは? 日本で暮らす私たちにとって程遠い存在である「戦争」について、改めて考えるきっかけをくれる作品です。(⇒続きは、こちら

 
ドキュメンタリー映画に学ぶ(2)『蟻の兵隊』:戦争が終わっても続く苦難との戦い by 石村研二さん
 
playlist_02

戦争で生き延びたからこそ感じる苦悩がある?

政府によって”戦わされていた”元日本兵の奥田さんが、過去を認め、報いるために生きている姿を追ったドキュメンタリー。

戦争が終わった後も、苦しみを抱えて生きている人がいる。そしてその苦しみと戦いながらも、平和な未来を目指して動き続ける人がいるということを、この映画は教えてくれます。(⇒続きは、こちら

 
伝えるには映画しかなかった。現役大学生の仲村颯悟監督が『人魚に会える日。』で描いた、自分たちが見てきた沖縄の日常 by 並木香菜子さん
 
playlist_03

のんびりしたイメージのある沖縄の「本当の日常」って?

みなさんは、6月23日が何の日か知っていますか? この日は沖縄戦が終わった「慰霊の日」。日本にとって大切な日であるはずなのに、沖縄から一歩外へ出てみると、あまり知られていません。そんな現実に違和感を覚えた沖縄育ちの大学生が、「なんとかして伝えたい」という思いでつくりあげたのがこの作品です。

知っているようで知らなかった「沖縄の日常」を、この映画を通じて覗いてみてください。(⇒続きは、こちら

 
「世界中が平和でいられる一日」を追い求める男がいる。映画『ザ・デイ・アフター・ピース』上映 by 石村研二さん
 
playlist_04

「平和」を実現するための第一歩とは?

9月21日は「国際平和デー(ピースデー)」。現在はこの日にイベントが行われるなど、多くの人に知られていますが、制定された当初は形だけのものだったという声も。この作品では、「世界中が平和でいられる一日」を本当の意味で実現するべく、ある男が国連や数々の平和活動家、戦争の現場を訪れ、奮闘する様子が描かれています。

懸命な彼の姿は、「平和」を実現するために私たちができること教えてくれるかもしれません。(⇒続きは、こちら

 
“ローカリゼーションという希望”を映画の力で伝える。 「ユナイテッドピープル」関根健次さんに聞く、福岡だからできること by 前田亜礼さん
 
playlist_05

「平和な世界」を実現するために映画を通じてできることって?

社会問題をテーマにした映画を配給する「ユナイテッドピープル」代表の関根健次さん。映画を通じて伝える活動を続けながら、東日本大震災やバングラデシュのストリートチルドレンの支援にも参加しています。

「映画は問題を身近にし、解決するヒントをあたえてくれる」と言い、積極的に行動する彼の姿は、思いを行動にすることの大切さに気づかせてくれるでしょう。(⇒続きは、こちら

 
いかがでしたか? いつもは何気なく観ている映画ですが、そこで描かれた問題や映画をつくった人の思いは、何かを知り、考えるきっかけを与えてくれます。社会問題についてもっと知りたいけど、どこからはじめていいのか分からない・・・という方は、映画を観ることをファーストステップにしてみませんか?

(Text / Curator: 神本萌)

– INFORMATION –

 
「greenz weekly」登録方法
greenz.jpでは、「毎日は見れないけれど、まとめがあったらみたい!」という方向けに、最近一週間の人気記事や、過去の素敵な記事、さらにイベント情報をまとめたメールマガジン「greenz weekly」を配信しています。こちらも、ぜひご購読ください!

1. メールアドレスを入力し、下の「登録」ボタンをクリック
2. 「お申込ありがとうございます!」の画面が表示されると、登録したメールアドレスに「購読確認のお願い」のメールが届きます。
3. メール内の「greenz weekly を購読する」のボタンをクリックすると登録は完了です。おつかれさまでした!



– INFORMATION –

 
greenz.jpライターインターン募集中!(5/23締切)
応募と詳細は、こちらまで!
http://greenz.jp/writer_intern/

全国に広がるグリーンズの活動をサポートする寄付会員greenz peopleの詳細はコチラ
greenz people

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

partner パートナーリスト

greenz people

「greenz people」はNPO法人グリーンズが運営する非営利メディア「greenz.jp」の運営や記事配信を支えてくださる個人の寄付会員のことです。 「greenz people」がパートナーになっている記事は、会員のみなさまからいただいた会費を、ライターさんの原稿料、取材経費などに活用し、お届けしています。 グリーンズはこれからも、日本にソーシャルデザインをもっと根付かせていくための、驚きと学びのある新企画を、どんどん仕掛けてゆきたいと考えています。 greenz peopleになって、グリーンズの活動をサポートをしてくださる方は、以下のページをご覧ください。 ⇒ greenz people(グリーンズ会員)の詳細

AD

infoグリーンズからのお知らせ