ISSUE☆グリーンズ企画 今週のgreenz people

4 months ago - 2016.05.04

SHARES  

greenz.jpの記事よりも面白いオフ会を開催したい!「今週のgreenz people」は、「ピープルオフ会@東京」幹事の島田智康さん!

010
先日行われた「ピープルオフ会@谷根千」でも島田さんに幹事をしていただきました!

今週のgreenz people」は、様々な分野で活動に取り組むgreenz people(グリーンズ会員)を紹介する連載企画です。会員の方々は「これから、ぼくたち・わたしたちもマイ・プロジェクトを本格化させていこう!」と試行錯誤されている方ばかり。この企画から、会員のみなさんと、読者のみなさんの新しいご縁が生まれれば嬉しいです!

こんにちは、NPO法人グリーンズ people事業部マネージャーの植原正太郎と、greenz.jp編集部デスクのスズキコウタです。

突然ですがみなさんは、NPO法人グリーンズが、誰でも自由に(無料で)読めるウェブマガジン「greenz.jp」をさらに発展させていくために、「greenz people」という寄付会員を募集していることをご存知ですか?

そんなgreenz peopleには、毎月発行の限定メールマガジンや、年に2冊届くgreen Booksといった会員特典の他に、オンライン・オフラインでのコミュニティ活動も始まっています。

僕たちが、会員のみなさんと実際にお会いしたり、オンラインでの交流を通して気づいたこと。それは、会員の中には自身で素敵なマイ・プロジェクトを展開されている方が多くいらっしゃることでした。

すでに活動の幅を広げているプロジェクトを中心に取り上げているgreenz.jpだけど、「これから活動を本格化させていこう!」と試行錯誤しているgreenz peopleを紹介するコーナーもつくったほうがいいのでは?

そう考えた僕らは、多種多様なメンバーがあつまるgreenz people会員へのメールインタビュー企画を始めることにしました!

今回ご登場いただくのは、島田智康さん。島田さんに、ご自身の活動と日々の暮らしぶりについて伺いました。

shimadasan

島田智康さん

1.あなたとグリーンズの出会いを教えてください。

はっきりとは覚えていないのですが・・・東日本大震災より前だったと思います。例えば経済や経営をテーマにした記事は、読まない訳ではないのですが、自分の日常とかけ離れている感じがしていて、ネットで色々な記事を無意識に探していた時期がありました。そんな時に出会ったgreenz.jpを自然と読むようになりました。

2.あなたが今、”自分ごと”として取り組んでいるマイ・プロジェクトについて、簡単に説明してください。

ピープルのオフ会@東京!(最近は”遠足”ですね。)

もう一つは、マイ・プロというほどではありませんが、「おやじ弁当部」と称しながらやっているチビの弁当づくりです。

3.そのプロジェクトに取り組むようになったきっかけを教えてください。

ピープル会員になった時には、Facebookグループには記事にも登場されるようなスゴイ方々がいっぱい。何だか入りにくいなあと思っていたところ、初のオフ会やります!という案内があり、参加者も少人数みたいだし、試しに参加してみました。

そうしたら、面白い人たちばかりで・・・ということで、2回目のオフ会にも行ったところ、正太郎さんから幹事ご指名を受けたっていうのがきっかけですね。

4.そのプロジェクトが目指すゴールやビジョンとは?

目指せ!greenz.jpの記事よりも面白いオフ会でしょうか(笑)

全国各地に広がりつつあるオフ会が、参加者レベルでもネットワークができていくと面白いかもしれませんね。(シンカイ@長野でのオフ会、最高でした!次は氷見に行こうかと思っています)

02
藤野でのオフ会は記事にもなっています! → http://greenz.jp/2016/02/14/people-fujino/

5.あなたにとって、心に響いた言葉、涙が出た言葉、価値観を覆された言葉、何度も思い出す言葉などなど、あなたなりの”ほしい未来をつくる言葉”があれば、ぜひ教えて下さい。

「できない理由を探すよりも、一歩踏み出してみる」です。

ついついできない理由を探してしまう自分。オフ会幹事の指名を受けた時も「仕事の関係でそもそもオフ会に参加できるか不透明だし・・・」みたいなことがとっさに口から出ていました。

でも、一歩を踏み出せば、得るものがいっぱい。偉そうなこと言いながら、常に出来ているとは言い難いのが実態です。でも、心がけるようにしています。

6.greenz.jpは、来年10周年を迎えます。greenz people会員として、「こんなことを実現してほしい」というリクエストや、編集部メンバーへのエールをお願いします!

オフ会が気になってピープルになったという人、増やしましょう!!

ピープルのみなさん、オフ会幹事してみたい(やってみたいことがある)人、大歓迎ですよ。

(インタビューここまで)

いかがでしたか?

今後も「今週のgreenz people」連載では、素敵な会員の方々を紹介していきます! そしてgreenz peopleになると、Facebookのオンラインコミュニティに参加して、島田智康さんとコンタクトを取ることも!? ぜひこの機会に、greenz peopleへの入会をご検討ください!

全国で様々な活動に取り組む人が集まるgreenz people(グリーンズ会員)の詳細はコチラ
greenz people

writer ライターリスト

greenz.jp編集部

greenz.jp編集部

この記事は、greenz.jp編集部のメンバーが執筆しました。

partner パートナーリスト

greenz people

「greenz people」はNPO法人グリーンズが運営する非営利メディア「greenz.jp」の運営や記事配信を支えてくださる個人の寄付会員のことです。 「greenz people」がパートナーになっている記事は、会員のみなさまからいただいた会費を、ライターさんの原稿料、取材経費などに活用し、お届けしています。 グリーンズはこれからも、日本にソーシャルデザインをもっと根付かせていくための、驚きと学びのある新企画を、どんどん仕掛けてゆきたいと考えています。 greenz peopleになって、グリーンズの活動をサポートをしてくださる方は、以下のページをご覧ください。 ⇒ greenz people(グリーンズ会員)の詳細

AD

infoグリーンズからのお知らせ