ISSUE まちづくり

4 months ago - 2016.01.18

SHARES  

地方にも仕事は十分にあることを知ってほしい! しごとからえひめ移住の魅力がみえてくる「えひめ職の担い手移住フェアin東京」が2月14日より開催!

ehimeiju1

みなさんは、今暮らしている場所を離れて、新しい土地で生活を始める。そんな自分の姿を想像してみたことはありますか?

greenz.jpではこれまでにも、鳥取県でゲストハウスを営む「うかぶLLC」や鹿児島県霧島市のセレクト物産店「きりん商店」など、Iターン・Uターンを通して、地域で生き生きと暮らす人々を紹介してきました。

そのような事例を知る中で、もしかしたら「地方に住むことに憧れはあるけれど、はたして仕事が見つかるかどうか不安なんだよね」という心配を抱えている方も多いかもしれません。

そこで今回みなさんにご紹介したいのが、2月14日・21日・27日に東京・南青山で開催される「えひめ職の担い手移住フェア」。私たちが暮らしを選択する上では避けて通れない、「職」(仕事)にスポットを当てて、移住をイメージしてみるフェアなのです。
 
ehimeiju2
愛媛県西予市。山と海、両方の自然に恵まれています

ところで、みなさんは愛媛県のことをどれぐらい知っていますか? 四国地方に位置し瀬戸内海に面した愛媛県は、およそ143万人の人口を抱え(2010年国勢調査による)、いよかんやキウイフルーツが特産品として有名で、それぞれ生産量日本一を誇っています。

今回のイベントを企画した、愛媛県 企画振興部 地域振興局 地域政策課長の髙石淳さんは、愛媛県の魅力をこう話します。

愛媛県は海、山両方の自然に恵まれ、気候も穏やかで、災害も少なく、住みやすい地域です。

また穏和で人情味に富み、のんびりした県民性であり、古くから四国遍路をもてなしてきた「お接待」の風習も残り、外から来た人を温かく受け入れる風土が根付いていることから、すぐ土地に馴染み、仕事・プライベートともに充実した生活が送れるところだと思います。

そんな魅力あふれる愛媛県の魅力を発信し、Iターン・Uターンを考えている人びととの交流を生み出すべく開催されるのが、「えひめ職の担い手移住フェア」です。

愛媛県内の企業が3日間で約40社が一同に集結!

「えひめ職の担い手移住フェア」には、将来の「職の担い手」となる方々を求め、愛媛県内の企業が3日間で延べ40社ほど集結!

参加企業は、製造業から農業、福祉やサービスまで実に多彩です。仕事内容から具体的な待遇の話まで、直接じっくりとお話を聞くことができそうですね。

とはいえ、いきなりどの企業を訪ねたらいいのかわからない、という方もご安心を。「おせっかいさん」と呼ばれる仲介人が、まるで近所のおばさんのように、各企業との仲をとりもち、来場者のお世話をしてくれます。

また、「職」以外にも「暮らし」「環境」「子育て」「制度」など、移住検討に大事なポイントですよね。こうしたことに関するさまざまな疑問・質問は「お助け相談員」が答えてくれます。

住まい探しのことから、子どもを預けられる保育園や学校のこと、参加企業以外にどんな仕事がるのか、地域の特徴や、どんな暮らしぶりをしているのかといったことまで、どんどん相談しましょう。

回答しきれない質問に関してはイベント後にも情報提供してもらえるほか、希望者には東京都内在住の「えひめ移住コンシェルジェ」がフォローを行うなど、アフターサポートもばっちりです。
 
ehimeiju3
会場となる、青山ラ・コレッツィオーネ

会場には、各企業ブースの他に、ひと休みできる団らんスペースも。「あなたも移住を考えているんですか?」なんて、実際に移住した方とのコミュニケーションや参加者同士の交流にも一役買ってくれそうですね。

また、ベビールームやキッズスペースも用意されているので、子どもと一緒でも安心して訪れることができます。
 
ehimeiju4
愛媛県宇和島市遊子の段畑

地方にも仕事は十分にあることを知ってほしい

ところで、なぜ今回このような移住フェアを東京で行うことになったのでしょう。髙石さんは、こう話します。

東京圏では地方の移住に対する関心が高まっている一方で、地方には仕事がないと思われがちです。今回のような仕事に着目したフェアを開催することで、地方にも仕事は十分にあることを知ってほしいと思いました。

また東京とは一味違った仕事のあり方をお示しすることで、参加いただいた方が愛媛県への移住を検討するきっかけになればと考えています。

愛媛県は自然にも恵まれ、気候も穏やかでとても住みやすい地域。また、産業が県内にバランスよく立地しているので、比較的住まいに左右されることなく仕事を選ぶことができるのだとか。

髙石さんは、このイベントによって、どんな愛媛県の未来を実現したいと考えているのでしょうか?

このイベントを通じて移住していただいた方が、都会に住んでいた頃よりも充実した生活を送れている、と感じていただけたらいいですね。

そうして、移住していただいた方と、元々愛媛に住んでいる方が互いに力を出し合うことで、愛媛県が多くの人が行きたいと思える、魅力的な県になるといいなと思っています。

ehimeiju5
愛媛県伊予市双海の夕日

「えひめ職の担い手移住フェア」は東京・南青山の「ラ・コレッツィオーネ」で2/14(日)、2/21(日)、2/27(土)の3日間、開催されます。時間は13:00から17:00で、途中参加・途中退出も自由とのこと。

さらに次のステップとして、来場者の中から希望者には、3月19日〜21日開催予定の愛媛への「ヒアリングジャーニー」2泊3日に、なんと交通費無料でご招待! 先輩移住者に本音を聞き、職の現場をリアルに体感するチャンスです。

みなさんも、新しい土地で働く、暮らす自分の姿を描きに、「えひめ職の担い手移住フェア」に行ってみませんか。

 

えひめ職の担い手移住フェア
【日時】
2016年2月14日(日) 2月21日(日) 2月27日(土)
13:00~17:00(受付開始12:30〜)
※途中参加、途中退出も可能です。
※キッズスペースも完備! お子様もやさしい愛媛を体感いただけます

【会場】
ラ コレッツィオーネ(LA COLLEZIONE)
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」より徒歩4分

【住所】
東京都港区南青山6-1-3 南青山コレッツィオーネ 3F

【申込み先】
下記Webサイトより、事前にお申し込みください。
http://ehime-ijuu.jp/
※当日参加も受付予定ですが、定員に達した場合、参加をお断りさせていただく場合がありますのでご注意ください。

【イベントに関する詳細情報】
http://ehime-ijuu.jp

【お問い合わせ】
愛媛県庁 企画振興部 地域振興局 地域政策課
〒790-8570 愛媛県松山市一番町4丁目4-2 電話番号(課直通)089-912-2261

もしくは
えひめ職の担い手移住フェア事務局 【月~金 10:00~18:00 】
TEL 0120-054-4644 FAX 03-5510-4803
Email info@ehime-ijuu.jp
担当 小浦(コウラ)・藤田(フジタ)
〒105-0003 東京都港区西新橋2-4-4 小里ビル2F (株)ソーレ内

[sponsored by 愛媛県]

「えひめ職の担い手移住フェアin東京」に行ってみよう!
愛媛・四国への移住 [えひめ職の担い手]

writer ライターリスト

Naoko Takahashi

Naoko Takahashi

greenzライター 大学卒業後、商社事務を経て、アートマネジメントを学ぶためイギリスの大学院へ留学。大学院留学中の2015年6月よりライターインターンとしてgreenzへ参加。帰国後は、ライターや翻訳業と並行して、アートプロジェクトやコミュニティスペースの運営に携わる。アート、まちづくり、エネルギー、食、などに興味のアンテナを広げています。

AD

infoグリーンズからのお知らせ