モチベーションの学習塾「a.school」岩田拓真さんはどう読んだ? greenz people しか読めない green Books 第五弾『グリーンズの学びの場のつくり方』の感想を頂きました!

greenBooks540
『グリーンズの学びの場のつくり方』完成!

こんにちは! greenz.jp編集長の鈴木菜央です。NPO法人グリーンズが発行する、「ほしい未来のつくり方」がわかるブックレーベル「green Books」の担当をしています。

greenz.jp は、だれでも自由に(無料で)読めることを大事にしているウェブマガジンですが、そんなメディアであり続けて、さらに発展していくために、「greenz people」という寄付会員を募集しています。現在は約500名の方にご参加いただいております、感謝!

その会員のみなさま限定で、年二回お届けしているのが「green Books」です。
 
bookscover
green Books最新号『グリーンズの学びの場のつくり方』の表紙は、こちら!

2007年からスタートした「green drinks Tokyo」や、2011年からスタートした「グリーンズの学校(旧 green school)」、さらにはクライアントとのワークショップなど、グリーンズはこれまでに数多くの学びの場を運営してきました。

この9月に完成した最新号『グリーンズの学びの場のつくり方』にはそんな数多くの学びの場を生み出してきたグリーンズのコアメンバーたちのノウハウがたっぷり詰まっています。
 
mmbr
グリーンズの理事3人それぞれが尊敬するファシリテーターとの対談を収録!

opngng
グリーンズの理事3人の鼎談も!

気になる? 読んでみたい? 立ち読みは以下よりどうぞ!
 

「a.school」岩田拓真さんの感想は?

そして今回は、「a.school」の岩田拓真さんに、『グリーンズの学びの場のつくり方』を読んでみての感想をお願いしてみました。

岩田さんは、創造的な教育を展開する学習塾「a.school(エイスクール)」の校長で、小学生〜高校生向けに「ワークショップ」「個別学習指導」のふたつのセッションで構成される授業をしています。

かつては「グリーンズの学校(旧 green school)」に通い、greenz.jpプロデューサーとしても活躍いただいた経験がある岩田さんが、green books最新号を読んで抱いた感想とは?
 

iwata

 

岩田拓真(いわた・たくま)
1985年、京都府生まれ。京都大学で脳神経科学について研究した後、東京大学大学院で技術経営に関する修士号を取得。同時に東京大学i.schoolにて「イノベーション創出の方法論」について学び、そこで出会った仲間と教育系NPO法人 Motivation Makerを設立。卒業後は経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupでコンサルタントとして3年半勤務した後、起業。「はじまりの学校a.school(エイスクール)」の代表として、小中高校生向けに探究心や創造力を育む教育プログラムを幅広く実施している。

皆さんは先生という職業にどんなイメージを持っていますか?子どもの頃の私にとって「先生は知識の伝承者」でした。今、私が子どもたちの学びをサポートをしていて心底思うのは、「先生こそ一番の学び人」だということです。

子どもたちが、どうすれば「好き」を見つけられるのか、その「好き」をどのように伸ばせるのか。これらの探究を支えていくには、幅広い分野の教養、興味の引き出し方など、私たちのほうがより多くのことを学ばないといけません。また、自分たちが背中を示すからこそ、「学ぶ姿勢」が子どもたちに伝わるのだと思います。

このような「学び人」かつ「学びの場づくりの専門家」として、今回のgreen Books「学びの場のつくりかた」からたくさんの刺激を受けました。

西村さんとYOSHさんの対談では、「学びで大事なのは、経験の種類や内容ではなく、咀嚼の仕方」というところで唸らされました。a.schoolでも振り返りをとても大事にしていて、色々と経験したことを自分なりにどう捉えるか、それを次にどう活かしていきたいか、ということを子どもたちと徹底的に議論しているからです。

また、第2章「グリーンズが考える”学びの現在地”」に詰まっている30個のノウハウは実践に活かせるものばかりで、日々とても役立っています。

例えば、ついつい毎回新しい授業をつくることにエネルギーを注いでしまうのですが、「教科書」をつくることの大事さに気付かされました。教科書があることで、参加者に事前に学んできてもらい、リアルな授業でしかできないことによりフォーカスできるからです。

他にも、卒業後の参加者の関わり合いが増えるようなサポートもより綿密にデザインしたいなと思いました。学びの最中だけでなく、事前・事後をどう繋げていくかが大事なのだと思います。

こうした学びは、本格的な講座やコースを行う学びの専門家だけでなく、皆さんがちょっとしたイベントやミーティングを開催する時にも役立つでしょう。この本をきっかけに、学びの場づくりを楽しみながらつくっていく人が増えることを楽しみにしています!

岩田拓真さん、ありがとうございました!

green Books第5号『グリーンズの学びの場のつくり方』は、ただいまgreenz peopleにご入会いただければ、翌月にはお手元にお届けします。他にも毎月配信のメールマガジンや、オンラインコミュニティなど特典が盛りだくさん。ぜひこの機会に、ご入会をご検討ください!

「おもしろそう!」と思った方は、ぜひgreenz peopleへのお申込みを、お待ちしています!