自然あふれる空間をみんなで有効活用したい! サンフランシスコ発、屋外の空きスペースをマッチングするサービス「Hipcamp」

hipcamp1

最近、森、海や川などにでかけた方はいらっしゃいますか?

泳いだり、釣りをしたり、キャンプをしたり。自然の中でゆったりと過ごすと、心身ともに開放的になれますよね。ただその一方で、国内外に多くのキャンプ場はありますが、家族やカップルで自然をとことん満喫できる場所を見つけるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

「Sharedesk」や「Airbnb」によって、オフィスや自宅の空きスペースの貸し借りが可能になったように、普段使っていない庭や土地の貸し借りもできればいいのに…

そんな思いにこたえてくれるサービスが、立ち上がりました! それが、今回紹介する「Hipcamp」です。
 
hipcamp2

「Hipcamp」の使い方は、とっても簡単。行きたいエリアを検索するだけで、利用できる屋外スペースがリストアップされます。

いくつかの条件でフィルターをかけることができ、たとえば、交通手段は車、徒歩、ボート、馬から選べ、宿泊施設の有無、電気・飲料水・シャワー・トイレなどのアメニティの有無や、特徴とする自然がビーチ、渓谷、砂漠、森林などから絞り込むことができます。
 
hipcamp3
ロッジ付きスペースの価格は、1泊2名までで$100くらいと意外とリーズナブル!

個々の貸し出しスペースのページに行くと、設備の詳しい情報はもちろん、過去に利用したユーザーのレビューが書いてあります。これまでの利用者のレビューを、いくつか見てみましょう。

私たちが訪れた農場はとても美しく、ウェブサイトに載っている浴室やテーブルなど必要な設備がしっかりそろっていました。オリーブの木々の中でキャンプをしたり、新鮮な野菜や果物を取ったり。素晴らしい時間でした。

実は結婚式をする場所を探していて、この場所が大好きになり、私はここで式をすることに決めました! オーナーはとっても温かく、心地よい雰囲気をつくってくれる人で、リラックスした時間を過ごしました。

また実際にその地を訪れた人々が、現地でInstagramを使って撮影・投稿した写真も表示してあり、どんな場所でどんなことができるのか、ユーザー目線でイメージしながら旅先を予約できます。
 
hipcamp4
ハンモックから豊かな自然を眺めたり、ぼんやりしたり、のんびり過ごす時間 @mikikiv

hipcamp5
朝焼けに染まった自然の中で、飲むコーヒーは格別! @PhilipLee

hipcamp6
自然の中ではクールにいられない!思いっきり、はしゃいじゃおう!! @sarahwattson

たくさんの人と、自然の素晴らしさを共有するために

「Hipcamp」を立ち上げたのは、自身も自然で過ごす時間が大好きだという、サンフランシスコ在住のAlyssa Ravasio(以下、アリッサさん)。「Hipcamp」を立ち上げた背景には、アリッサさん自身のこんな体験がありました。

2013年の新年に、海辺で日の出を見ながら過ごそうと思い、5時間以上もかけていくつものサイトで検索し、やっとキャンプ場を見つけました。でもそこには、ある重要な情報が欠けていたんです。

というのは、サンフランシスコからのドライブの後、ビーチに着くと、その場所には素晴らしい波があったんです。私はサーフィンが大好きにもかかわらず、その情報が書かれていなかったため、サーフボードを持ってきておらず、とても残念な思いをしました。

そんな帰りの途中に、「カリフォルニア州の公園が収益不足のために30%も閉鎖に追い込まれている」という話を思い出したんです。もし簡単にキャンプ場所を探して予約できる方法が提供できたら、たくさんの人に自然の素晴らしさを共有できるし、公園も閉鎖に追い込まれないのでは… そう思った私は、その直後にウェブサービスをつくる決意をしました。

hipcamp7
創業者のアリッサさん

現在「Hipcamp」は、アメリカ50州の国立、州立などの2213の全ての公園、また8671のキャンプ場、282,875ものキャンプスペースをカバーしています。いずれは世界に広げることも視野に入れているそう。

もともとは個人のもの、国のもの、なんて隔たりのなかった自然が、あらためて「シェア」の概念の広まりによって、”みんなの自然”として蘇るきっかけを、アリッサさんはつくってくれたのかもしれません。

”みんなの自然”となることで、気に入ったものを好きなだけ眺め、気のすむまで遊ぶ。そんな子どものように自由になれる時間を簡単に持てるようになり、自分らしい暮らし方や働き方へのヒントが見つかるかもしれません。

みなさんも何も考えずに、ただ自然の中に飛び込んでみませんか?
 

[via psfk, SHE EXPLORES]

(Text: 笹澤つかさ)