ISSUE ソーシャルグッド

1 year ago - 2015.04.21

SHARES  

ブーブーでリンリンってあぶないもん! 子どもたちの歌声で運転中の通話をやめさせる「VROOM RING BOOM」

vroom

世界最大の広告・コミュニケーションの祭典、「カンヌ・クリエイティビティ・フェスティバル」。「Cannes Lions2014」では2014年の受賞作の中から、新たなアクションを考える刺激になるような、ソーシャルグッドな広告を連載で紹介していきます。今回ご紹介するのは、グアテマラの事例です。

みなさんは、車の運転中に携帯電話に着信があったらどうしますか?

危ないとは分かっていても、ついつい話をしたりメールを見たりしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

携帯電話やスマートフォンが普及するにつれ、世界各国で取り締まりが強化され、さまざまな啓発キャンペーンが行われていますが、自動車運転中の携帯電話使用による事故は後を絶ちません。
 
top

法律で取り締まってもダメ、危険性を訴えてもダメ…。この難しい課題に、グアテマラの通信会社「Claro」はとてもチャーミングなアプローチで挑みました。

キャンペーンのメディアとなったのは、なんと3歳から6歳の子どもたち。まず、運転中の携帯利用の危険を訴える「VROOM RING BOOM」という振り付けのついた楽曲を制作。その曲を学校の授業やテレビ番組で使ってもらい、子どもたちに歌ってもらうようにしたのです。
 
kitDigital

ママやパパとブーブーでお出かけすると、
携帯電話がリンリンリン。
ママが電話に出たら、ぼくらはブーブー。
だってブーブーでリンリンって危ないもん。

運転中、こんな歌を子どもたちに歌われたら、ママもパパもさすがに携帯に出られませんよね。いつもお説教をしている子どもたちの手前もありますし、何より、かわいい声で歌っている子どものためにも、安全運転しなきゃって思うのではないでしょうか。

「VROOM RING BOOM」はまず約300の学校で使われ、約4万人もの子どもたちが歌って踊ることに。そしてさらにカワイイ!ということでSNSで拡散され、やがてグアテマラのすべての公立学校のプログラムとして採用されました。
 
claro-vroom-ring-boom-video-600-60363

「ウチの子ったら、クルマに乗るたび歌うのよ!」「学校から帰ったらすぐにあの歌さ!」と、子どもたちは、アニメなどで覚えた歌を何度も繰り返し歌いますよね。

あのノリで子どもたちから運転中の携帯をとがめられるんですから、大人たちはたまったもんじゃありませんよね。でもそれで交通事故が減るんですから、ママもパパもそこはガマンガマン。

どんなお説教や脅しよりも効果があった子どもたちの歌声、もっと世界中で響かせたいですね。

カンヌ2014の連載は、まだまだ続きます。次回も、お楽しみに!

(翻訳アシスタント:スズキコウタ/「greenz global」編集部)

これまでに取り上げてきた、2014年度の優秀作はこちら!
Cannes Lions2014

writer ライターリスト

丸原 孝紀

丸原 孝紀

greenz シニアライター 1976年京都生まれ。コピーライター(東京コピーライターズクラブ会員)。企業に社会貢献型のコミュニケーションを提案するとともに、NGO/NPOのクリエイティブを積極的にサポートしている。社会課題を解決するアイデアを提案するプランング・ユニット「POZI」のプランナーとしても活動中。

AD

infoグリーンズからのお知らせ