ISSUE ソーシャルグッド

1 year ago - 2015.04.06

SHARES  

障がいによる”できないこと”を隠さず、チャームポイントにつくり変える。新しい手でたくさんの子どもに希望をとどける「Enabling the Future」

e-nable01

みなさんは、義手についてご存知のことは、なにかありますか?

もしかしたら、実際に使用している友人がいたり、あるいは街中で見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

実は生まれてくる子どものうち、1000人に1人は(何本かの)指がないまま生まれてくるということをご存知ですか?(出典元

先天性の病気や、事故により指を失った子どもたち。彼らの頼りの綱になる義手ですが、実は高価なものが多く、日々の成長ですぐにサイズが合わなくなってしまいます。こういった理由から、手に障がいをもつ子どもたちの多くは義手なしで生活しているというのが実情だったそう。

今回ご紹介する「Enabling the Future」は、そんな子どもたちになんとか義手をとどけようというプロジェクト。以前グリーンズでは、3Dプリンタにより義手をつくる「PROJECT DANIEL」を紹介しましたが、「Enabling the Future」がつくりだす義手は一味ちがうものばかりです。
 
e-nable02
Enabling the Futureがつくっている義手の一つ、Cyborg Beast

「Enabling the Future」の義手の魅力は、なんといってもそのデザイン。たとえば、Cyborg Beastという人気モデルは、まるでトランスフォーマーの手のようにデザインされています。

障がいによる「できないこと」を隠すためというよりも、むしろ手を目立たせるように、様々な蛍光色でつくられていたり、暗闇で光るようにつくられています。こうして生まれた3Dプリンタによる義手は単なる手の代用品ではなく、それ以上のものとして子どもたちの生活を大きく変えています。

アメリカのアラバマに住む、生まれたとき左手に2本の指しかなかったEthan Brown(以下、イーサンくん)。Cyborg Beastを使う彼は、「写真よりクールでしょ? アイアンマンかスパイダーマンみたいなんだ」と満足気です。
 
e-nable03
義手をはめたイーサンくん

お母さんによれば、以前手のことでいじめられたこともあったというイーサンくん。でもいまや、そのイーサンくんの手はチャームポイントになり「ぼくもほしい!」と、同級生の注目をあびるようになったそう。
 
e-nable04
友だちと遊ぶイーサンくん

デザインだけでなく、とても安くつくれるという魅力

「Enabling the Future」の役目は、3Dプリンタを所有する団体と、義手を必要とする子どもたちを結びつけること。

義手のデザインはウェブサイトから無料でダウンロードでき、それをプリントして組み立てることができます。パーツは約20時間でプリントされ、YouTubeにアップされた手順を見ながら2〜3時間で組み立てて完成です。
 
e-nable05
3Dプリンタでダウンロードされたパーツ

ボランティアメンバーがつくりだすデザインを無料配布することで、義手の製作にかかる費用は、わずか20〜50ドル。その安さとユニークなデザインが魅力となり、これまでに400人以上が義手をつくったといいます。

「Enabling the Future」のメンバーで義手を考案したひとり、Ivan Owen(以下、アイヴァンさん)は、こう話します。

「Enabling the future」は草の根のダイナミックでグローバルな組織だから、次に何が起こるのか本当にわからない。でも、それがエキサイティングなんです。

僕たちのプロジェクトには、いまでは1500人を超えるデザイナーとエンジニアが参加してくれました。こんなに多くの人々に参加してもらえると思わなかったので、とてもうれしく思っています。

 
ivan
アイヴァンさん

アイヴァンさんが発明した3Dプリンタによる義手は、高価だった義手を安価にし、たくさんの子どもたちが義手を使用できる可能性を開きました。

「Enabling the Future」のつくる義手は、指を別々に動かすことができないなど、機能面では劣っているかもしれません。しかし、そのデザインのかっこよさは手と希望を失ってしまった子どもたちに、大きな自信や希望を与えています。
 

[via: HelloGiggles, New York Times, Enabling The Future, Yahoo news, TEDxRainer]

(Text: 前田雅彦)

Enabling the Futureを寄付で応援してみよう!
Enabling the future

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ