ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

1 year ago - 2015.03.11

SHARES  

恵まれない子どもたちを助けてあげたい!  5歳の女の子が心を込めて日用品を贈り届ける「Jayla’s Little Helping Hands」

jaylatop
愛情を込めて、バッグに詰め込むジェイラちゃん。

みなさんは、日頃プレゼントを贈ることはありますか?

「あの人はどんなものが好きかな?」「どんなものを渡せば笑顔になってくれるかな?」

そんなことを想像しながら、時間をかけて準備したプレゼントを喜んでもらえたときって、渡す側もうれしくなってしまいます。

アメリカのヴァージニア州に住む5歳の女の子、Jayla Newson(以下、ジェイラちゃん)も贈る相手のことを想像しながら、プレゼントを準備しているひとり。

でも、彼女が贈り届けている相手は、友だちや家族ではありません。なんと、彼女は路上で生活する子どもやホームレスたちに贈り届けているのです!
 
jayla11
ジェイラちゃん

ジェイラちゃんはある日、お母さんといっしょにヴァージニアの街を歩いていて、路上で生活する少女とその母親に出会います。そのふたりを見たとき、彼女はだまって通りすぎることができませんでした。

あの子たちは、お金で何が買えるのかな? あの子とお母さんの生活をよくするために、わたしは何をしてあげられるだろう?

そんなことを思ったジェイラちゃんは、手提げ用のバッグを集め始めました。そしてバッグのなかに、クラッカーなどの食べ物や、石けん、ローション、歯磨き粉などをいっぱいに詰め、路上生活者のためにプレゼントしようと考えたのです。

バッグの名前は「Jayla’s Little Helping Hands(ジェイラの小さな救いの手)」。愛情をたっぷり込めて、バッグもかわいらしくデコレートし、ホームレスの人々や保護された子どもが集まるシェルターに届け始めました。
 
jaylabag
バッグには、ジェイラちゃんの手書きで「Jayla’s Little Helping Hands」と書かれています。

ジェイラちゃんのバッグを受け入れるシェルターは続々と増え、昨年には「Sprout’s Kindest Kid contest(スプラウトの最も親切な子どもコンテスト)」の最終選考にノミネートされ、大きな反響を呼び起こしました。
 
jayla31
Sprout’s Kindest Kid contestでのジェイラちゃん

私たちが、気持ちを行動に移すには、何が必要なのでしょう? もちろん本人の意思は大切ですが、きっと周囲の人びとのサポートも大事なのではないでしょうか。

ジェイラちゃんの行動は、誰かに指示されてやったことではありません。でも行動を起こしたいと望んだとき、それを尊重し後押ししてくれる大人(お母さん)が側にいたからこそ、「Jayla’s Little Helping Hands」が生まれました。

気持ちを行動に移すこと、またそういう気持ちを持った人をサポートすることが社会を変える力になることを、ジェイラちゃんの活動は教えてくれています。

[via Huffingtonpost, today.com, Facebook]

(Text:前田雅彦)

Facebookでジェイラちゃんの活動を応援してみよう!
Jayla's little helping hands

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ