ISSUE まちづくり

2 years ago - 2014.07.19

SHARES  

分断された南アフリカを、デザインの力で再構築する。ケープタウンで始まった「World Design Capital 2014」に注目! [Designing South Africa]

wdc1

Designing South Africa」は、南アフリカを”デザイン”という切り口でのぞいてみる、ライターインターンの大久保咲希のマイ企画です。ネガティブなイメージを持ちがちなアフリカのことが、少しちがって見えてくると嬉しいです。

「南アフリカ」と聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか。アフリカという響きに、「まずしい」「かわいそう」というネガティブなワードを連想する方もいるかもしれません。

4年前のワールドカップも記憶に新しいですが、今や南アフリカはアフリカ大陸の経済大国として、急速に発展が進んでいる国のひとつ。そして今年ケープタウンで、デザインで社会を変えようとする動きが始まっています。

南アフリカの悲しい歴史であるアパルトヘイトの撤廃後、人種の区別なく行われたはじめての選挙から今年で20年。今なお、格差の問題、社会の不安定さなど問題はありながらも、この節目の年に新たな一歩を踏み出しているのです。

ケープタウンをデザインでより良い街へ

wdc2

ケープタウンで今年1月から始まっているのが、「World Design Capital 2014(以下WDC2014)」です。デザインを通じて社会をよりよいものにすべく、「Live Design Transforming Life」というスローガンを掲げ、様々なプロジェクトに取り組んでいます。
 
World Design Capital」は都市振興プロジェクトの一環として行われていて、国際インダストリアルデザイン団体協議会によって2年に一度、一都市が選ばれます。これまでトリノ、ソウル、ヘルシンキなどが選ばれ、2年後には台北がWDCとなることが決定しています。
 
wdc4
カウントダウンセレモニーの様子

今回掲げられたスローガンは次の4つです。

1. アフリカンイノベーション。世界との対話をー世界と対話するアフリカのデザイン
2. 分裂の橋渡しーわたしたちの街を再びつなぎ、コミュニティーを和解させるデザイン
3. 今日は明日のためにー人々と地球のための持続可能な解決策
4. うつくしい場所、うつくしいモノー建築、インテリア、フード、ファッション、ジュエリー、クラフト、アートのインスパイア。

それらのテーマのもとに、なんと460ものプロジェクトが展開されていく予定です。
 
TMF1_mini_mini_mini
Table Mountain Frames

foodpods_mini_mini_mini
FoodPods

ninokids_mini
Nino’s Mourning Toolbox

例えば、街の美しい自然を見直すきっかけをつくる「Table Mountain Frames」や、貧しい人たちのための農業ビジネス「FoodPods」、子どもたちとその親が愛する人の死を乗り越えるためのツール「Nino’s Mourning Toolbox」などなど魅力的なものばかり!

今回の連載では、それらをひとつひとつ連載でご紹介していく予定です。
 
wdc3

WDCへの想い

わたしたちは、たった一年で大きな変化が起こるとは思っていません。しかしそれは大きな契機となり、2015年以降の真の意味でのチェンジにつながっていくはずです。

こう語るのは、運営メンバーのリチャード・ヘルスさん。また「これまでの3都市はどれも先進国だったけれど、ケープタウンは違う。発展途上だからこそ、より前に進むためにはデザインをどのように使うのか、そこに重点を置きたい」とも。

もうひとり、運営メンバーのアレイン・リースバーグさんもこう言います。

私たちが重視するのは、社会的にも精神的にも一度分断してしまったケープタウンを、デザインの力でひとつにつなぎ合わせ、一体感を持たせつつ再構築をしていくことです。単なる一時しのぎでなく、ずっと持続していくようなプロジェクトこそ求められています。

人種差別や貧困の歴史を乗り越えつつある南アフリカで、デザインはどんな貢献ができるのか。南アフリカの新たな動きを紹介する今後の記事を、どうぞお楽しみに!
 

[via Cape Town Magazine/LEXUS/World Design Capital Cape Town 2014/Cape Town 2014]
(text:大久保咲希)

HPをのぞいてみよう!
World Design Capital 2014

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ