ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

2 years ago - 2014.03.12

SHARES  

この街にはたくさんの素敵な人が働いている。そんな当たり前のことに気づかせてくれる、ロンドンのバスドライバー写真集

bus

たくさんの人が行き交う都会では、まわりに気を配る余裕をもつのは至難の業。街ですれ違った人の顔なんて覚えてない、という人も多いのではないでしょうか。

朝の通勤ラッシュなら、それはなおさらです。人ごみをかきわけ、必死にバスや電車に乗り込む時、「運転手さんてどんな人だっけ?」なんて考える余裕はなかなか持てません。

そこでイギリスのフリーカメラマン、Joel James Devlin(以下、ジョエルさん)はロンドンのバス会社「Go Ahead London」とタッグを組み、運転手さんの人柄が伝わるような写真を撮影するという新たなプロジェクトを立ち上げました。
 
joel2
 
joel1

撮影はロンドンを舞台に4日間にわたって行われました。写真には、笑顔で前を見つめ、背筋を伸ばし、しっかりとハンドルを握る運転手たちが一人ひとり登場します。バスの運転手さんってこんなに個性豊かなんだと、あらためて気づかされますね。

また、運転する姿に重なって、フロントガラスにはロンドンの街が映し出されています。バスのフロントガラスに映る景色は、運転手の街でもあり、みんなの街。ひとりの物語にフォーカスすることで、その集合体が街なんだということが浮かび上がってくるようです。
 
joel5

このプロジェクトの目的について、ジョエルさんはこういいます。

時に気づかれず、感謝されにくい人たちに光を当てること。

「写真のあの人が運転しているかも」という気持ちを持った瞬間、雑多な景色の中からひとりの人間がパッと浮かんでくる。次にバスに乗るときには運転手の顔をみて、目が合えばお互い微笑んでみたり…そこにはすでに、ゆるやかな繋がりが生まれそうですね。
 
joel4

街の生態系が見えてくることで、そこに人がいたんだと、ほっとするような気持ちになります。清掃員のおばちゃんや表に出てこないエンジニア、はたまた人でなくとも…と、撮ってみたいものは他にも色々浮かんできますね。

みなさんならどんなものにレンズを向けてみたいですか?

(Text:伊藤一馬)
[via Co.Design]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ