ISSUE 環境

2 years ago - 2014.01.28

SHARES  

軒先の植木だって”国定公園”だ!思いを共有して街に緑を増やす「Homegrown National Park Project」

HGNP

ナショナルパークと聞いてまず思い浮かべるのは、日常から遠く離れた雄大な自然でしょうか。

実は、家の軒先にあって、自分で育て、味わったり寝そべったり、ご近所さんと気軽にシェアできてしまう、そんなナショナルパークがあるのです。それが2013年夏、カナダ・トロントで行われた「Homegrown National Park Project」という取り組みです。

“自家製ナショナルパーク”とでもいうべきこのプロジェクトでは、かつて市内を流れていたガリソン運河跡に沿って、市民参加型で街に自然を取り戻そうとしています。


 
HGNP_main

Homegrown National Park Projectは、カナダの著名な科学者デイヴィッド・スズキ氏(セヴァン・スズキさんのお父さんですね)が設立した財団がイニシアチブをとり、”コミュニティパートナー”である14ものNPOやボランティア団体など協力して展開しました。

また、趣旨に賛同する地元ボランティアをトレーニングし、21人の”パーク・レンジャー”を任命。環境教育専攻の学生やエンジニア、ランドスケープアーキテクチャーなど、経歴も様々な彼らは、かつてこの地にあった豊かな自然を取り戻す、というプロジェクトのミッションに共感し、手を挙げました。
 
HGNP_rangers
サステナブルでより健康的、かつハッピーな都市の実現、というミッションに共感し、集まったレンジャーたち。

レンジャーの一人はこう語ります。

都市に住んでいると、自然とのつながりを見失ってしまうのは簡単。私たちは、自分も自然の一部なのに、そのことを忘れてしまいがち。でもそれって、私たちが自然と調和して生きていくには、覚えておいておかなければいけない大切なことだと思うんです。

HGNP_yoga-inthe-park
資金集めのために青空ヨガイベントを開催したレンジャーも

レンジャーたちの活動を受け、住民たちもまた、自分たちの前庭やバルコニーなどに野菜や草花を植え、緑を増やしてきました。味気ないフェンスを飾り付け、舗装道をペイントし、またランタンを灯しての野外パーティといった楽しい企画も!

自然とのつながりを取り戻し、シェアすることで、コミュニティの絆も深まっているのです。

HGNP_happykids
ほんの小さなスペースでも、一緒に草花を植えることで笑顔がこぼれます

参加者の一人、9歳の女の子は

このプロジェクトに参加してるって標識を、家の前に出すのはとっても誇らしい。ハチやちょうちょのために、道に花や草を植えているの。環境のためにいいのよ。

「自然はどこか遠くにあるもの」と感じがちな都市住民にとって、このプロジェクトは緑を豊かにするだけでなく、暮らしも豊かにしてくれているよう。皆さんも、今度街かどで小さな自然を見つけたら、自然とつながる自分とその豊かさを、少し思い出してみませんか?

(Text:田中 寛子)
[via GOOD]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ