ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

2 years ago - 2014.01.16

SHARES  

ベランダが街のイルミネーションに!昼間に充電して夜に街を灯す、LED洗濯バサミが登場

LEDclothpins main

暗い冬の夜、街中を淡く彩るイルミネーションは気持ちが温かくなりますね。
でも、よく見ると…この色とりどりの光の正体、実は洗濯バサミなのです。

「日常にひと工夫を」と考えた二人のデザイナーが発明したのが、このLED洗濯バサミ。この発明は、洗濯という日常の光景を、がらりと変えてしまうかもしれません。

デザインはいたってシンプル。LED洗濯バサミで昼間に洗濯物を干しておけば、備え付けの太陽光パネルが発電し、蓄電器に電気が蓄えられます。そして日が暮れ始めるとセンサーが反応し、LED洗濯バサミに光が灯り始めるというもの。
 
LEDclothpins1

昼間は洗濯物を干し、夜にLED洗濯バサミをバルコニーや庭に飾り付ければ、街を彩るステキなイルミネーションになります。室内に持ってくると、おしゃれな間接照明にも使えそう。さらに地域みんなでLED洗濯バサミを利用したら、その地域の街灯の本数はずっと少なくて済むかもしれませんね。
 
LEDclothpins 2

とはいえ、洗濯といえば衣食住の衣に関わる、人間の基本的な営みの一つ。この「洗う+乾かす」という営みをより効率的に行うために、洗濯機、乾燥機といった便利な機械が発明されてきました。しかしこのLED洗濯バサミ、これを使ったからといって洗濯の効率は上がりそうにありません。また、夜は洗濯物をしまうのに…と思った方もいるでしょう。

このLED洗濯バサミのユニークなポイントは、「洗濯」に「発電・蓄電+照明」という新たな営みを加えたことにあります。もしLED洗濯バサミを使い始めたら、少しだけ早起きして洗濯物を干し、その電気で街や部屋に明かりを灯してみたい。そう思って洗濯を楽しむ人が少しでも増えれば、日々の営みと社会をつなぐ接点になるかもしれませんね。

あなたならLED洗濯バサミをどう使ってみたいですか?
ぜひアイデアを教えて下さい!

 (Text: 伊藤友宏)

〔Via: GOOD

発電+〇〇でこんな発明も
サッカーボール型発電デバイス「Soccket」

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ