ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

3 years ago - 2013.11.28

SHARES  

どこでも淹れたてのコーヒーをどうぞ!ドイツの出張エスプレッソバー「Electric Espresso」

移動式エスプレッソバー「Electric Espresso」 移動式エスプレッソバー「Electric Espresso」

スターバックスコーヒージャパンが展開するオフィス向けのコーヒーポットサービスなど、コーヒーの出前サービスは日本でも珍しくありませんが、ドイツでは、エスプレッソバーが丸ごと出張し、その場で本格的なエスプレッソやカプチーノを振る舞うというユニークなコーヒーサービスがあります。

Electric Espresso」は、イタリアのオートバイメーカー「Piaggio(ピアッジオ)」の電動三輪車Apeを改造してできた、移動式エスプレッソバー。

騒音や排気ガスを発生させず、小回りよく移動できるのが特徴です。荷台には、給水タンク・排水タンクのほか、冷蔵庫や食器棚、電動コーヒーミル、エスプレッソマシンがコンパクトに搭載され、ハッチを開ければすぐ、エスプレッソバーに早変わりする仕組みとなっています。


Erik Spiekermann: Die Electric-Espresso-Idee from Electric Espresso on Vimeo.

また、「Electric Espresso」は、クオリティの高いエスプレッソを提供することにも徹底的にこだわってきました。エスプレッソマシンには、世界中のバリスタに愛用されているイタリアのLA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)を導入し、コーヒー豆は、オーガニックとフェアトレードの認証を受けたもののみを使用しています。

荷台に備え付けられたエスプレッソマシンで淹れたてのエスプレッソがいただける荷台に備え付けられたエスプレッソマシンで淹れたてのエスプレッソがいただける

現在、「Electric Espresso」は、4台の移動式エスプレッソバーを保有し、独ベルリンを中心にサービスを展開中。独ベルリンで毎月開催されている朝活イベント「CreativeMonrnings」をはじめ、トレードショーや会議、イベントなどに出張し、多くの人々に淹れたてのエスプレッソ・カプチーノ・カフェラテを提供しています。

移動式カフェは、東京・自由が丘の「caffe bus muraccio」や愛媛・松山の「おでカフェ.」、京都の「EZYCAFE」など、日本各地に少しづつ広がってきましたね。これからいよいよ、温かい飲み物が恋しいシーズン。いつでもどこでも、淹れたてのエスプレッソやラテがいただけると、うれしいかも!?

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ