ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

3 years ago - 2013.10.25

SHARES  

位置情報でとっておきのアートを発信!シカゴ発、都市を散策すると詩が届くアプリ「Chicago Poets」

Chicagohead2-1024x687

みなさんはGPSと連動した”位置情報広告”を、少し厄介に感じたことはありませんか?適度な量であれば気になりませんが、いかにも”やり過ぎ”な広告だったら気が滅入る…という方もいるかもしれません。

今回ご紹介するのはそんな方々にお勧めのアプリ「Chicago Poets」。なんとこのアプリ、広告の代わりに詩を届けてくれるのです!

名称未設定-1

現在はまだ開発中という「Chicago Poets」。起動すると、画面には”North Side”、”South Side”、”West Side”、”The Loop(シカゴ市の中心商業地区のこと)”、”The Lake”という5つのエリアが表示され、ユーザーはこの中から好きな場所を選択します。

そしてユーザーがシカゴの街を歩きながら登録ポイントを通り過ぎると、デバイスが振動して、その場所に縁のあるアート作品を届けてくれる、という仕組みになっています。

アート作品は簡単にシェアできる上、コミュニティページ(右)から他のアーティストとコラボすることもできます。アート作品は簡単にシェアできる上、コミュニティページ(右)から他のアーティストとコラボすることもできます。

さらにこのアプリが面白いのは、一方的に詩を受信するだけではなく、自分の作品も投稿できること。詩だけでなく、自作の短編小説や音楽、写真や映画の予告までもアップすることができます。

自分の作品をGPSによる位置情報と連動させることで、例えばミステリー小説の謎を解く手掛かりを実際の街に隠してみたり、子どもが乗るバスの停車場に誕生日ソングを仕掛けたり、実際に撮影された場所で映画の予告編を流したり、と街の中で様々なことを仕掛けることができるのです。

開発を行なっている「Appoet」のホームページには、次のように紹介されています。

モバイルとGPSの技術を結びつけることで、人とアートの関係は新たな次元に到達します。世界はあなたのキャンバスになり、シカゴの街中で開く地図はあなたのインスピレーションを刺激してくれるのです。

アーティストの発表の場になるだけでなく、住民同士や旅行者とのつながりを深めるこのアプリは、まちづくりのヒントにもなりそうですね。あなたの住む街なら、どんな使い方が考えられそうですか?

(Text:細貝太伊朗)

[via Fast Company]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ