ISSUE ソーシャルグッド

3 years ago - 2013.10.03

SHARES  

「明日は雪となり、一段と寒くなります」。ホームレスが天気予報で窮状を伝える「DAYS OF HOPE」[Cannes Lions2013]

DAYSOFHOPE

ひどい暑さが続いた今年の夏。天気予報で予想気温を見て、うんざりすることが多かったのではないでしょうか。季節は秋になり、やがて冬を迎えます。夏が暑かったといっても、冬あったかくなるとは限りません。きっと骨身にしみるほどの寒さとなる日もあるでしょう。冬の寒さは、ホームレスの人たちにとっては致命的です。

カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2013受賞作を紹介する連載、今回は冬にホームレスへの支援を訴えた取り組みをご紹介します。

ヨーロッパの冬は厳しく、ホームレスのための避難用シェルターはどこもすぐにいっぱいに。そのため、たくさんのホームレスの人たちは外で眠らなければならず、凍死のリスクにさらされています。そんな窮状を伝えるため実施されたのが「DAYS OF HOPE」キャンペーンです。

「明日は寒くなるのかな、雪は降るのかな」。そんなことを思いながら天気予報を見ていると、いつものキャスターではない人が…。明日の天気を伝えるのは、なんとホームレスの人。ふだんの生活でじっくり見ることも話をすることも少ないホームレスの人が、カメラ目線で話す姿は視聴者に大きな驚きを与えました。

寒空のもと路上で生活する人たちの窮状に気づき、DAYS OF HOPEのウェブサイトに行くと、ホームレスたちのプロフィールを見ることができ、寄付もできるような仕組みに。

この天気予報は21人のホームレスの協力のもと、ドイツ、スイス、ポーランド、セルビア、ルーマニア、ロシアなどの国々の国営放送局でオンエア。1日あたり200万人もの視聴者が生でこの放送を見たほか、その模様は報道やソーシャルメディアを通じて世界中に広まっていきました。

結果として、ホームレス支援のためにたくさんの寄付が集まり、ホームレスたちへの住居の提供や仕事のオファーなども舞い込むことに。多くの人の関心ごとである「明日の天気」に、関心が持たれていないホームレスの問題を結びつけることでできた、驚きのブレイクスルーですね。

カンヌライオンズ受賞作の連載はまだまだ続きます!引き続きお楽しみに。

(翻訳協力:モリジュンヤ

カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2013の受賞作を紹介!
グリーンズが選ぶ「Cannes Lions2013」

writer ライターリスト

丸原 孝紀

丸原 孝紀

greenz シニアライター 1976年京都生まれ。コピーライター(東京コピーライターズクラブ会員)。企業に社会貢献型のコミュニケーションを提案するとともに、NGO/NPOのクリエイティブを積極的にサポートしている。社会課題を解決するアイデアを提案するプランング・ユニット「POZI」のプランナーとしても活動中。

AD

infoグリーンズからのお知らせ