ISSUE☆おすすめの連載! わたしたちエネルギー

3 years ago - 2013.09.20

SHARES  

電気で遊ぶとこんなに楽しい!デザイン学生が開発した、電気回路を描けるインクペン「Bare Paint」

130522115450-bare-paint-pen-horizontal-gallery

わたしたち電力」は、これまで“他人ごと”だった「再生可能エネルギー」を、みんなの“じぶんごと”にするプロジェクトです。エネルギーを減らしたりつくったりすることで生まれる幸せが広がって、「再生可能エネルギー」がみんなの“文化”になることを目指しています。

みなさんは小学校のとき、電気回路をつくって豆電球を光らせる実験をしたことはありませんか?

電気は現代人にとって欠かせないライフラインのひとつですが、普段の暮らしの中で意識することはあまりないかもしれません。今回ご紹介する「Bare Paint」は、そんな当たり前すぎる電気のことを考えるきっかけを提供してくれる素敵なプロダクトです。

bare-paint1-537x357

ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生チームによって開発されたBare Paint。一見何の変哲もないサインペンのようですが、なんと描いた線が電気回路になるのです!

この電導性インクは紙だけではなく、布やプラスチック、金属にも使えるほか、水で簡単に落ちたり、室温ですぐ乾くといった性能も併せ持つすぐれモノ。LEDライトや小型のスピーカーなどデバイス向けはもちろん、マイクロコントローラーに接続する可変抵抗器など工業用にも利用されているそうです。

さらに「Bare Paint」はアートの分野でも活躍中。DJのカルビン・ハリスとコラボした「Humanthesizer」というプロジェクトでは、ダンサーの身体にインクを塗り、肌と肌を触れ合わせてシンセサイザーのように音を鳴らし演奏するという作品も生まれています。

主にアメリカで販売中ですが、日本でも楽天などの大手ネットショップで取り扱われているようです。公式ウェブサイト「Bare Conductive」では、子ども向けのキットから業務用の瓶詰めインクまで、様々な製品が紹介されています。どれもデザイン性に優れた商品ばかりで、オトナでも楽しめそうですね。

三角屋根のキュートな家をつくれる「Bare Conductive House Kit」
三角屋根のキュートな家をつくれる「Bare Conductive House Kit」

東日本大震災以降、日本は電力をめぐる様々な課題に直面していますが、何より大切なのは電気と仲良くなることかもしれません。たくさんの可能性を秘めた「Bare Paint」を使って、まずは電気で遊んでみませんか?

(Text:細貝太伊朗)

[via inhabitat]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ