ISSUE まちづくり

3 years ago - 2013.09.01

SHARES  

モデルはごみ拾いをしている人!筑後川の自然を守るポスタープロジェクト「僕らはゴミヒロイ」

goodnews002

福岡県久留米市で筑後川のごみ拾い活動を行う「Good News」が、2012年から始めたポスタープロジェクト「僕らはゴミヒロイ」が、少しずつ広がりを見せてきています。

「自分たちが見たいと思えるようなGood Newsを自ら発信していこう!」
そんな想いから2008年2月、Good Newsの活動は始まりました。

goodnews003

毎月1回ごみ拾い活動を行い、ときには筑後川でカヌーをして遊んだりして自然と親しみ自然を好きになることで「大事にしていこう」そんな想いを育んでいけたらと活動しています。

goodnews004

モデルはごみ拾い活動に参加する人=「ゴミヒロイ」

goodnews001

Good Newsのごみ拾い活動に参加してくれる人=「ゴミヒロイ」をモデルにして、活動に参加しての感想や、自然環境への想いなどそれぞれのメッセージを掲載しているこのポスターは、現在は全部で20枚完成。5年間の活動写真とともに「筑後川防災施設くるめウス」やボウリング・バッティング・スケート施設の「スポガ久留米」にて展示会が開催され、「ゆめタウン久留米」にも設置されました。

海や川が汚れている原因の約7割は、家庭排水と言われています。きれいになるためには一人ひとりの意識が変わって行くことが大事。だけど「ゴミを捨てるな」という押し付けがましいポスターは、なかなか人の心には届かない。無関心になってしまっている人々に関心を持ってもらうために、Good Newsは何を発信していけるだろうとずっと悩んでいました。そこで考えたのが、この企画。

goodnews006

goodnews007

goodnews008

実際にごみ拾い活動に参加してくれた人が感じたこと、活動することで変わってきた意識など「リアル」な声が掲載されることで、実際にポスターを読んでくださる方々にも伝わるものがあるのでは、と思っています。最近では、企業のCSR活動の一環として、活動に参加してくださった企業の方からポスターをつくってほしいという声も挙がってきています。

展示会を開催中の「スポガ久留米」では施設のカフェコーナーをお借りして、「Good News Cafe」というスタイルで行っています。落ち着いた、オシャレな空間の中にデザインのひとつとして「ゴミヒロイ」たちのメッセージが並びます。

goodnews009

goodnews010

今後も活動を通じてこのポスターを増やしていきたいと考えています。ゴミヒロイたち・ポスターを見てくれる人たちが増えていくことで、無関心だった人たちが関心を持つきっかけとなれば。そして、その「わ」が広がっていきますように。

goodnews012

現在、Good Newsでは「僕らはゴミヒロイ」のモデルさんを募集中です!個人の方のポスターデータは記念に無償でお渡しできます。活動に参加した記念に、ぜひ1枚!また、筑後川でなくて日本全国でも、ゴミヒロイの写真が撮れたら送ってください!一緒にゴミヒロイのメッセージをひろげていきましょう!!


※1995年にポカリスエットCMソングとなり大ヒットした「突然」や「DAN DAN心魅かれてく」で有名な元FIELD OF VIEWのヴォーカル浅岡雄也さんにGood Newsの活動を応援していただき、特別に楽曲をテーマソングとして使わせていただいています。
浅岡雄也公式HP http://uyax.jp

(Text:Good News 中島重人)

ゴミ拾いに参加してみよう
Good News ウェブサイト

writer ライターリスト

寄稿者

寄稿者

グリーンズで発信したい思いのある起業家、ライター、研究者などの方からの寄稿をお待ちしています。 ご興味のある方は、下記URLに要項をまとめておりますので、そちらをご覧ください。 ▼寄稿者について http://greenz.jp/contributor_wanted/

AD

infoグリーンズからのお知らせ