ISSUE ソーシャルグッド

3 years ago - 2013.06.24

SHARES  

歩きながらのスマホは危険です!ImprovEverywhereの最新パフォーマンス「Seeing Eye People」

Seeing Eye People1

ニューヨークを拠点に活動する「ImprovEverywhere」。日常の街なかに突如現れ、即興のエンターテイメントを繰り広げるパフォーマンス集団です。

そんな彼らの新作映像が公開されました。今回のテーマは「Seeing Eye People(盲導人。英語で盲導犬のことを seeing eye dog といい、それをもじったもの)」。

歩きながらケータイをいじる人々に、ユーモアたっぷりの方法で注意をうながしてくれるこの企画。まずはこちらの映像をご覧ください!

今回街に現れたのは、オレンジのベストを着た「Seeing Eye People」。彼らが人々の”目”となって、道をガイドします。

その方法は、まさに盲導犬のよう。オレンジのベストにはリースが付いていて、後ろの人はそれを持ちながら歩くことで、ケータイに集中することができるのです。

Seeing Eye People2
前を見なくても大丈夫。

Seeing Eye People3
iPadをいじりながらでも大丈夫。

Seeing Eye People4
前方の安全確認もバッチリ!

Seeing Eye People5
1本のリースを複数人で持ってもOK。

思わず笑ってしまうような普段はありえない光景ですが、きっとこのパフォーマンスを見た人は「そういえば自分もよく歩きながらケータイを見てるよな」と普段の行いをふり返るはず。

誰かに注意をうながすときは、ただまじめに堅苦しく伝えるよりも、このようにユーモアのある方法で伝えたほうが、相手の心に届きやすいのかもしれません。ImprovEverywhereのユーモア、ぜひ見習いたいですね!
 

(Text: 宮本裕人)

[via Improv Everywhere]

writer ライターリスト

宮本 裕人

宮本 裕人

greenz.jp ジュニアライター 1990年、神奈川生まれ。科学者になりたいと思って大学では生物学を勉強しましたが、いつの間にか編集者を目指していました。Always Be Curious. blog: miyamoto radio twitter: @yutomiyamoto

AD

infoグリーンズからのお知らせ