ISSUE まちづくり

3 years ago - 2013.05.29

SHARES  

DIYで、ご近所さんと毎日フリーマーケット!いらなくなったものを軒先でシェアできる「Free Things Box」

Free Things Box

古着屋さんやフリーマーケットで、掘り出し物を探すのは楽しいですよね。誰かにとってはいらなくなったものでも、自分にとっては今まさに欲しかったものーー そんな自分だけの宝物を見つけた瞬間は、本当にワクワクするものです。

今回紹介するのは、そのワクワクを毎日味わえてしまうようなアイデア。ご近所さんと、いらなくなったものを軒先でシェアすることができる木箱「Free Things Box」です!

たくさんの人が、いらなくなってもまだ使えるものを持っていますよね。そういうものをフリーマーケットやインターネットで売るのがめんどくさいって人には、「Free Things Box」は最高の解決策になるんです。

そう説明するのは、アメリカ在住のオランダ人、Betro(以下、ベトロ)さん。アイデアを思いついた彼は、さっそくそれを自らの手でカタチにしてしまいました。

Free Things Box2
たった1枚の板から

Free Things Box3
組み立てていき

Free Things Box6
家の前にセットすれば完成です!

ご近所さん同士でいらなくなったものをこの「Free Things Box」に入れてシェアすることで、他の人は自由にそれらを持ち帰れるというシンプルな仕組み。ベトロさんは

・昼間にしか箱を開けないこと
・使うものしか持ち帰らないこと
・1回に1個までしかとらないこと

という3つのルールをつくり、ゲーム感覚でご近所さんに参加してもらうことにしました。ただモノを大切に使うというだけでなく、ご近所さんとのコミュニケーションも増えそうですね。

Free Things Box4
みんなでワイワイ、箱の中をチェック

Free Things Box5
子どもたちも、新しいおもちゃを見つけてうれしそうです

こういう試みは、ただ単に箱を設置してもうまくいくとは限りません。ベトロさんのアイデアのように、みんなでワイワイ楽しめるものだからこそ、人々は参加し、地域のシンボルとして根付いていくのだと思います。

シンプルだけれど、”モノの捨て方”と”ご近所付き合い”という2つの課題を解決し得る「Free Things Box」。みなさんの街にも設置してみませんか?

 
(Text: 宮本裕人)

[via Betr0’s Blog, , instructables]

「Free Things Box」をつくってみよう!
Free Things Box(YouTube)

writer ライターリスト

宮本 裕人

宮本 裕人

greenz.jp ジュニアライター 1990年、神奈川生まれ。科学者になりたいと思って大学では生物学を勉強しましたが、いつの間にか編集者を目指していました。Always Be Curious. blog: miyamoto radio twitter: @yutomiyamoto

AD

infoグリーンズからのお知らせ