ISSUE 環境

3 years ago - 2013.04.30

SHARES  

必要なのは太陽と水だけ!50回繰り返し使えるエコシャワー「Geopure」

©Flicker by Chris Nuzzaco
Some rights reserved by Chris Nuzzaco

わたしたちが日々浴びるシャワーは、十分な水と電気がなければ使えません。

たとえば、日本人女性が1回のシャワーで使う水の量は、平均110Lにもなるんだそう。キャンプ先の山奥や、水と電気が不足する途上国では、人々はシャワーを浴びることさえ難しいのです。

…という常識を見事にくつがえしてくれるのが、今回紹介する「Geopure」。フランスの「Geopack Industries」によって作られた、太陽の光と水さえあれば、どこでも使えるポータブル・エコシャワーです!


「Geopure」の仕組みはいたってシンプル。必要な準備は、50Lのタンク2つに計100Lの水を入れるだけです。1つ目のタンクから流れるきれいな水で体を洗い、排水はもう1つのタンクへ流れます。そこで水はろ過されて、再び1つ目のタンクへと送られます。

これを可能にするのは、「Geopure」最大の特徴である、水のリユース機能。8つのステップで水をスピードろ過し、その95%をきれいにすることができます。この高いろ過機能のおかげで、なんと50回も同じ水を繰り返して使えるそう。

1回に110Lの水を使えば、50回で5500L。「Geopure」では、それがたったの100Lで済むというのだから驚きです。

Geopure3
ろ過前の水(左)と、ろ過後の水(右)

また、必要な電気は、すべてソーラーパネルによってまかなうことが可能とのこと。文字通り、太陽と水さえあれば、いつでもどこでも使うことができるシャワーなのです!

Geopure2

ところがこのエコシャワー、お値段はいまのところ約120万円…。まだまだ実用的とは言えません。しかし、もしこれを水不足に困る村に1台でも設置することができれば、きっと多くの人の役に立つことでしょう。途上国にかぎらず、同じシステムが家庭用にも広がれば、水道代と電気代の節約にもなりそうです。
 

お風呂の水を洗濯に使ったり、お米のとぎ汁を庭の花にあげたり。この「Geopure」にならって、捨てるのが当たり前だった水をリユースしてみませんか?
アイデア次第で、方法はたくさん見つかりそうですね。
 
 

(Text: 宮本裕人)

[via GOOD, ecochunk]
Reference: SUNTORY, シャワー使用時間

実はもう、カナダでは家庭用シャワーに使われています!
こんなシャワーが欲しかった!使った水を即時にリユースできる「Ecovea Shower System」

writer ライターリスト

宮本 裕人

宮本 裕人

greenz.jp ジュニアライター 1990年、神奈川生まれ。科学者になりたいと思って大学では生物学を勉強しましたが、いつの間にか編集者を目指していました。Always Be Curious. blog: miyamoto radio twitter: @yutomiyamoto

AD

infoグリーンズからのお知らせ