ISSUE ファッション

3 years ago - 2013.04.09

SHARES  

ホテルの高品質なシーツ・タオルをリユース!スウェーデン発エシカルキッズブランド「Stormie Poodle」

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

一流ホテルでは、宿泊客が快適な夜を過ごせるよう、高品質なシーツやタオルが使われていますが、これらは、わずかな傷や擦れなどが見つかるとすぐ取り替えられてしまうそう。そこで、この貴重な素材を有効に活用し、シンプルでかわいい子ども服として蘇らせるキッズブランドが、スウェーデンで立ち上げられました。

Stormie Poodle」は、4人の子どものママでもある、生物学者のCaroline von Post Carlssonさんによって創設されたキッズブランドです。一流ホテルに向けて高品質なシーツやタオルを貸し出しているリース会社から、使われなくなったものを買い取り、子ども服やベビータオル、バスローブにリメイク。0〜6歳までの子どもを対象に、プロダクトを展開しています。

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

Carlssonさんによると、このブランドが生まれるきっかけとなったのは、彼女が第三子に待望の女の子を授かったことだそう。

娘ができたのが嬉しくて、最初は、レースやフリルのついたガーリーな洋服を着せていたのだけど、表は肌触りがよくても、裏側はかたい繊維でゴワゴワしていたり、首のあたりに付いているプラスチックのラベルがチクチクしたり…。娘にとってあまり着心地のいいものではないことがわかったの。

また、生物学者として地球環境の研究に取り組んできた経験から「地球の健全な生態系は、私たち人類の社会的・経済的幸福ともつながる、不可欠なもの」と考えていたCarlssonさんは、子どもだけでなく、地球環境にも負荷の低い洋服を作ることを決意しました。

環境負荷の軽減という観点から、ホテルのシーツやタオルに着目し、これらの資源を有効活用している一方で、肌が敏感な子どもでも安心して着られるよう、徹底的に管理。たとえば、洋服の素材となるシーツやタオルは、エコフレンドリーな洗剤で何度も洗い、有害な化学物質をキレイに取り除いてから縫製を行っています。また、ブランドのタグラベルをコットン素材にするなど、小さなパーツにまで細かな工夫が施されているのも特徴です。

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

Copyright (c) 2013 Stormie Poodle All Rights Reserved.

実は、私、ファッションの経験もデザインの経験もないのよ。でも、生物学者としてのキャリアや、母親としての経験が、「Stormie Poodle」につながっていると思う。

と語ってくれたCarlssonさん。

娘を持つ母親としての気づきと生物学者としてのキャリアをうまく掛け合わせ、子どもにも地球にもやさしいキッズブランドという新しいチャレンジにつなげている点は、女性のキャリアチェンジのあり方としても参考になる、ステキな事例だと思います。

商品の消耗度合いによって3つの使い方ができる、無印良品「その次があるバスタオル」についての記事を読もう!
バスタオル→バスマット→雑巾。3回使えてカッコイイ『その次があるバスタオル』

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ