バッグ購入ごとに子どもの通学用リュックを寄付!”One for One”型ソーシャルブランド「ElephantBranded」

英ロンドンのOld Spitalfields Marketに期間限定で出店していたElephantBranded

英ロンドンのOld Spitalfields Marketに期間限定で出店していたElephantBranded

靴1足の売上につき、世界の子供に靴1足を寄付する社会貢献型シューズメーカー「TOMS」に代表されるとおり、商品の購入ごとに同様の物を必要としている人々へ寄付するという“One for One”スタイルは、社会貢献型ショッピングの定番のひとつに…。

先日、英ロンドンでも、”One for One”のアプローチを活用したステキなバッグブランドに出会いました。

ElephantBranded」は、バッグの製造・販売を通じてアジア・アフリカ地域の子どもたちの教育を支援する、社会貢献型ブランド。ユーザがボストンバッグを1つ購入するごとに、これらの地域の子どもたちに通学用リュックを寄付するという仕組みになっています。これまでに、カンボジア・ケニアの子どもたちに向け、通学用リュックサックを寄付してきました。

「ElephantBranded」の製品は、再生資源を用いたハンドメイドであることも特徴です。各地域で不要となったナイロン袋などを再利用し、現地の人々が一つひとつ手作業で製作。つまり、「ElephantBranded」は、資源を有効活用した製品づくりを通じて、現地の雇用創出にも役立っているのです。

実際、私も、「ElephantBranded」のステキなブランドコンセプトと独特のかわいらしいデザインがすっかり気に入り、「Clipper Bag」(Mサイズ)を30英ポンド(約3,700円)で購入しました。数日の旅行なら十分なほど収納のキャパシティはバッチリ。また、内ポケットやサイドポケットもあるので、荷物を整理しやすいです。水に強いので、ビーチバッグとしても使えそう!

ElephantBrandedのマイバッグ。使うほどになじんできます。

ElephantBrandedのマイバッグ。使うほどになじんできます。

社会貢献型プロダクトは、取り組もうとしている社会的課題やその具体的な解決アプローチをブランドコンセプトに反映させ、ユーザに積極的に伝えることも大切ですが、一方で、機能性やデザインなど、プロダクトとしての付加価値をユーザに提供することも不可欠な要素。「ElephantBranded」は、実用性を兼ね備えたユニークなボストンバッグを通じて、子どもの教育支援、再生資源の有効活用、雇用創出という3つの社会貢献に取り組む、秀逸なブランドだと思います。