ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

4 years ago - 2012.04.26

SHARES  

いま知っておくべきデータを大勢で共有!NY発、巨大なインフォグラフィック映像を駅前で投影するプロジェクト

financial-times-graphic-world-grand-central-station02-mg-9997

最近、インフォグラフィックを目にすることも多くなり、日本では「ツタグラ」のように経済産業省が関わっているものも登場しています。

日本でもインフォグラフィックへの注目が高まる中、アメリカのニューヨークでは、グランドセントラル駅でプロジェクションマッピングという映像投影手法を用いて、巨大なインフォグラフィックを映し出しました。

米メディアのFinancial Timesと「information is beautiful」というサイトを運営していることで有名なジャーナリストのDavid McCandless(デヴィッド・マキャンドレスさん)のコラボレーションで実現したこの企画は、世界経済やビジネスの動きをインフォグラフィックで表現する「Graphic Worldというプロジェクトの一貫として行われました。

event

実際に投影された映像はこちらになります。

The Global Economy

Recession and Recovery

Money Talks

大勢の人々が集まる場所に、つい注目してしまうような表現手法で、重要なデータをわかりやすくしたものを流すという今回の取り組みは、様々なシーンで応用が効くのではないでしょうか。

その地域に合わせた、大事な情報を多くの人にわかりやすくインパクトのある形で届ける。こんなコミュニケーションの方法が日本の駅でも実施されるとおもしろいかもしれませんね。

[via Co.Design]

インフォグラフィックを用いた事例を知ろう!

writer ライターリスト

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。1987年岐阜県美濃加茂市出身。 複数のメディアやプロジェクトに携わりながら、編集、企画、取材、執筆を行う。テクノロジー、ビジネス、モノづくり、暮らし、都市、地域など多様な領域を横断して取材・調査・発信することで、未来と未来につながる様々なことを編集していくことを目指しています。 Blogeditor’snaut Twitter@JUNYAmori FacebookJunya Mori Google+Junya Mori

AD

infoグリーンズからのお知らせ