映画好きは広場に集合!ソーラー発電による屋外映画イベント「One Way Theatre」

わたしたち電力」は、これまで“他人ごと”だった「再生可能エネルギー」を、みんなの“じぶんごと”にするプロジェクトです。エネルギーを減らしたりつくったりすることで生まれる幸せが広がって、「再生可能エネルギー」がみんなの“文化”になることを目指しています。

気づけばあと一週間で3月!だんだんと外でのアクティビティが待ち遠しくなります。(花粉症の季節でもありますが!)

今回ご紹介するのは、アウトドア派のあなたにおすすめ!な屋外での映画上映プロジェクトです。しかも使用電力は100%太陽光とのこと!

運営しているのは、イギリス・ブライトンのとある広場を拠点として活動している「One Way Theatre」。スクリーンは移動可能で、ブライトンの他にサウサンプトン、オックスフォードシャー、ロンドンなど、イギリス各地で活動しています。

注目すべきは徹底された環境への配慮!使用する電力は、スクリーン上部に取り付けられているソーラーパネルで発電し、最大4時間の上映が可能なんだそうです。

その他にも、彼ら独自のミッションであるOur Green Policyを元に、さまざまな工夫が施されています。例えば、鑑賞後に出た食べ残し等を堆肥化したり、ホットドリンクをサーブするカップを全てマグカップにしたり。こうして、映画を楽しみながら、”環境にやさしい暮らし”を体験することができるのです。

大空の下で、冬はマグカップであったかいラテやホットワイン、夏は冷たいビールを片手に、開放的な気分を味わいながら映画を観る。六本木農園の中庭であるYARDでも、屋外で六本木ローカル映画祭が開催されましたが、室内のものを屋外にするだけで、気持ちがフレッシュになるだけでなく、いつもの地域の風景をもリメイクすることができるのが素敵ですね。

「One Way Theatre」をはじめとした屋外映画鑑賞会。「え、あんなところで!」といった意外な場所も含めて、全国各地ご存知の方がいたらぜひ教えてください!

(Text: 小山薫)

[via inhabitat ]