今年は『LOVE』がテーマ!11月1日(火)からスタートするTOKYO DESIGNERS WEEK2011の見どころを紹介します

tdw2011
東京のみなさん、いよいよデザインの秋がやってきましたね!

今年も六本木、青山近辺を中心に、DESIGNTIDE TOKYO 2011(10月29日〜11月3日)、TOKYO DESIGNERS WEEK 2011(11月1日〜11月6日)など、たくさんのデザイン関連イベント、エキシビジョンが開催されます。

2011年は震災など、いろんな出来事がありました。その影響か、より本質的な価値、より社会的な価値にフォーカスした展示が多くなっているような気がします。

そこで今回は、TDW2011の中からgreenz.jp的に見逃せないオススメの展示をピックアップしました。ぜひ会場に足を運んで、実物にふれてみてくださいね。


Smile Park

smilepark01

まずは次世代パーソナルモビリティ「WHILL」が話題のデザインユニットSmile Park

DESIGNTIDEは食べられる食器「kup」も展示されますが、TDW2011ではレストランガイド「ZAGTA SURVEY」ブースで、公募の中から選ばれたフードインスタレーションを展示します。

切り落とされた野菜。
時々台所で、いらなくなった野菜の一部から芽が出ている姿を見る。身である大部分をそぎおとされてもなお、力強く生きようとするそれは、真っ直ぐな「生」を見せてくれている。そのまっすくな「生」の姿に、生命の美しさを見出し、そのありのままを表現したいと思った。

smilepark02

タイトルは「真生」。デザイナーsugiXさんの個人的な経験からたどり着いた、いのちの力強さを表現する作品です。


Bio×FAB

biofab

日本でもFabLabができる!というニュースを聞いたときは本当に心が踊りました。

パーソナルコンピューターが普及したように、自分たちでものづくりのプロセスを完結できるパーソナルファブリケーションは、まさに「これからのものづくり」に外せないテーマとして、3Dプリンターの事例などgreenz.jpでもたびたび記事にしています。

biofab2

「Bio×FAB」では、21世紀のニューメディアであるバイオメディアとパーソナル・ファブリケーションを組み合せた、新たな創造の可能性を探求、提案します。

「農」や「食」といった人々の暮らしや、次世代のライフスタイルに直結するデザインをテーマに、訪れていただいた方を「つくる側」に導くような、ものづくりや表現を通じたコミュニケーションの場の創造と連鎖、さらにはコミュニティの形成を促していく、生活のツールやプロダクトを提案します。多くの方々の来場と、フィードバックを楽しみにしています。

多摩美術大学+演算工房による家庭用SNS水耕栽培ツール「AgriPot」、早稲田metaPhorestによる微生物 (バクテリア)を用いたドローイングツール、そして慶應SFCによる3Dフードプリンタなどの展示を行います。

単独の作品だけでなく、3Dプリンターを使ってバクテリアを含むゲルを3次元造形するなど、3者のコラボレーションを進めていく予定です。


Atelier Yukiyanagi

TDW2011yasaimobi

見どころ紹介最後は、植物デザインオフィス「Atelier Yukiyanagi」です。こちらの記事での、「料理を『美味しい』と感じる瞬間のような、そんな感動を植物で演出したい」という言葉が印象的だった諏訪さん。

今回は漢方農法を広める展示だけでなく、会場内のカフェのデザインや企業コラボレーションも手がけているそうです。ぜひ独特かつ美しい植物空間にふれてみてください。

yukiyanagi

Atelier Yukiyanagiは会場のカフェのグリーンデザインをしております。壁面緑化パネルを使用して、カフェを緑に包まれた空間にしました。

また、大和リース株式会社が提携するフランスのカネヴァフロールの壁面緑化システムをご紹介する大和リース株式会社のブースデザインは、ウッドバーニングアーティストACOさんと参加しています。

今年も、もちろんAtelier Yukiyanagi ブースもあります。漢方農法を一人でも多くの人に知っていただきたいという想いで出展します。ほか、これから販売予定の野菜のモビールも展示します。



駆け足でみてきましたが、いかがでしたか?

tdw

こちらに出展者一覧がありますが、被災地支援のプロジェクトなど、まだまだ興味深いブースがたくさんありそうですね。

展示以外にも、ap bank主宰の「環境会議」やクリエイティブな観点か書道家の紫舟さんと一緒にLOVE LETTERを書くワークショップや、小林武史さん、ナオト・インティライミさんと一緒にARIGATOをテーマにした作詞作曲ワークショップなどボリューム満点です。

会期中もTDW2011メディアサポーターとして、greenz.jp的に厳選した展示やイベントの模様を速報でレポートしていく予定ですので、そちらもどうぞお楽しみに!

開催概要
名称: TOKYO DESIGNERS WEEK2011
会期: 11月1日(火)-6日(日)
場所: 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3 明治神宮外苑絵画館前(中央会場)、都内SHOP
開催時間: 11:00-21:00(最終日18:00予定)
主催: デザインアソシエーションNPO

チケット情報
当日券: 2500円  前売り券: 2000円
チケット情報詳細はこちら