超リアルに献血を啓発!ブラッディーなクリエイティブアートとは?

Photo by Yukiko Matsuoka.

Photo by Yukiko Matsuoka.

私たち人間の体の中をめぐり、重要な役割を果たしている血液。病気やけがなどが原因で血液を必要としている人々にとって、健康な人の血液は“生命線”ですらあります。
そこで、世の中に献血への参加を広く呼びかける、ちょっとリアルなクリエイティブ作品をご紹介しましょう。

「Blood pack of santaclaus」は、韓国人クリエイターのLee Ki Seungさんによって制作されました。サンタクロースが子どもたちへのプレゼントを入れる靴下をモチーフとし、血液に似せた赤い液体をパッキングするという、インパクトの強い、かなりリアルなオブジェクト。この作品を通じて、病気にかかっている人々、怪我を負った人々、障がいを持つ人々らに思いを寄せ、献血を通じて、自分の健康な血液を必要な人々と分け合う大切さを訴えています。

Photo by Yukiko Matsuoka.

Photo by Yukiko Matsuoka.

Leeさんは、この作品について、次のように語ってくれました。

みんな、もっと、献血の大切さに、気づくべきだと思う。僕は、デザインを通じて、何かメッセージしたいんです

ビジュアルを通じて、見すごされがちな社会的課題を直感的に伝え、世の中の人々に“気づき”を与えること。
「Blood pack of santaclaus」は、クリエイティビティをいかんなく発揮し、これを見事に具現化している作品といえるでしょう。