ISSUE まちづくり

4 years ago - 2011.08.20

SHARES  

AR+位置情報を用いたスマートフォンアプリ。ロシアで行われた交通安全を促すキャンペーン!

Moscow - Ministry of Internal Affairs "Road Safety"

ロシアでスマートフォンアプリを使用して、交通安全に対する興味を喚起する新しいキャンペーンが行われました。

モスクワの総務省によって作られたこちらのキャンペーンは、位置情報の技術と、AR(拡張現実)の技術を使用して、ユーザーに即座に、特定のエリアで過去に起きた車に関連した事故、怪我、事故死などの情報に触れることができます。さらに写真や映像を閲覧することができるので、さらに詳細な情報に触れることも可能です。

このアプリを制作したエージェンシーのSimply Zestyは、事故の起きた現場を模倣した、人の身体の形をチョークでかたどったものをQRコードとともに街中に設置し、そこからアプリのダウンロードができるようにして、ユーザーにダウンロードを促しました。また、Webベースバージョンのアプリも開発し、スマートフォンを持っていない人でもアプリを体験できるようにしました。

Russian_road_safety_app

こういったQRコードからダウンロードできるように

インパクトの強い表現手段、伝達手段ではありますが、交通事故を減らすためにはこういった方法も考慮してもいいのかもしれません。ロシアの行政がこのキャンペーンをつくっているということも注目だと思います。行政が主導となったこうした新しいメッセージの伝え方も、今後増えていくといいですね。

(via PSFK

ARを使ったメッセージの伝え方について調べてみよう。

writer ライターリスト

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。1987年岐阜県美濃加茂市出身。 複数のメディアやプロジェクトに携わりながら、編集、企画、取材、執筆を行う。テクノロジー、ビジネス、モノづくり、暮らし、都市、地域など多様な領域を横断して取材・調査・発信することで、未来と未来につながる様々なことを編集していくことを目指しています。 Blogeditor’snaut Twitter@JUNYAmori FacebookJunya Mori Google+Junya Mori

AD

infoグリーンズからのお知らせ