ISSUE エネルギー

4 years ago - 2011.07.30

SHARES  

太陽でエナジーチャージ!サムソンから世界初ソーラーパネル付ラップトップPCが誕生

greenz/グリーンズsamsung-solar-powered-laptop1

ソーラーテレビを発表して話題となった韓国の大手メーカー・サムスン電子(Samsung Electronics)が、またもや、デジタル機器のソーラー化に成功!ソーラーパネル付ラップトップPCを開発しました。

ネットブックパソコン「Samsung NC215S」は、この分野では初のソーラーパネル付き。フタの部分にソーラーパネルが搭載され、ここで発電したエネルギーを直接、このパソコンの電源として利用できるのが特徴です。ちなみに、日光に2時間当てると、1時間分のエネルギーが充電可能だとか。

greenz/グリーンズsamsung-solar-powered-laptop2

「Samsung NC215S」は、米国とロシアでの販売が決定しているほか、アフリカなど、他の地域にも展開する見込みです。米国モデルは、10.1インチ、1024 x 600ピクセルのディスプレイで、1GBのRAM、Intel社のデュアルコアプロセッサ「Atom N570」が搭載され、販売予定価格は399米ドル(約31,000円)。太陽光をエネルギーとして使えることをかんがみると、リーズナブルな“投資”かも?!

「Samsung NC215S」のようなソーラーパネル付のデジタルガジェットは、米国や日本といったデジタル先進国でニーズがあるのはもちろんですが、むしろ、電力インフラが未整備な国や地域にこそ、必要とされるものかもしれません。“オフグリッド”なデジタル機器が開発され、これらが世界に広く行き届くことで、パソコンやインターネットを使える人とそうでない人との間に生じる情報格差(デジタル・デバイド)の解消にもつながることでしょう。

[via Clean Technica]

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ