オフィスアイテムのリユースを通じて、地元のビジネスをつなぐオンラインコミュニティ「ourgreendistrict」

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by USACE Europe District.

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by USACE Europe District.

物々交換オンラインプラットフォーム「みんなの物々交換」や、おしゃれな古着交換会「xChange」など、不要となったものを一般ユーザ同士でやりとりし合うスタイルは、日本でも、徐々に定着してきましたね。では、企業間ではどうでしょう?2011年6月、英ロンドンで、オフィスアイテムのリユースを通じて地元企業同士をつなぐという、ユニークなオンラインコミュニティが誕生しました。

ourgreendistrict.com」は、ロンドンの法律事務所「Olswang」と地元グループ「inmidtown」によって立ち上げられた、地元ロンドンの中小企業のためのオンラインコミュニティ。オフィス、レストラン、ショップなど、地元企業なら業種問わず参加できます。また、このオンラインコミュニティの大きな特徴は、B2Bベースの中古オフィスアイテムのマッチング機能を持っていること。メンバー企業は、オフィス家具やコンピュータ、OA機器、文房具など、オフィスで不要となったものを投稿したり、逆に、投稿されている不用品から欲しいものを融通してもらうことができます。

greenz/グリーンズourgreendistrict2

企業にとっては、備品などの購入はもちろん、不用品の廃棄にかかるコストも、可能な限り、効率化したいところ。「ourgreendistrict.com」を通じて、企業間の「譲りたい」と「使いたい」をつなぐことができれば、環境負荷を軽減できるのみならず、両社にとってコスト面でもメリットがあります。また、オフィスアイテムのリユースが、地元の企業同士のつながるきっかけとなり、地元のビジネスコミュニティ全体の連携をより強められるという効果も期待できます。

“リユース”や“リサイクル”を合言葉により多くの企業が集まり、環境にやさしいビジネスコミュニティへと進化していく ―。「ourgreendistrict.com」の取り組みは、持続可能なビジネスコミュニティづくりへのヒントになりそうですね。