キャンプで料理しながら充電できる!? 料理の熱をエネルギーに変える「発電鍋」

hatsuden-nabe-pot-charger-3

キャンプに行っているとき、iPhoneなどのガジェットを充電することはなかなか難しいですよね。そんなとき、この「発電鍋」を持っていれば、キャンプの火だけを使ってiPhoneを充電することができます。

hatsuden-nabe-pot-charger

この「発電鍋」はTES NewEnergyが開発しました。鍋としての機能を持ちながら、ケーブルが備わっています。たとえばこのケーブルにiPhoneを接続し、この鍋を使用して何か料理をすると、iPhoneの充電が可能に。

充電には3〜5時間ほどかかるそうで、あまり早い時間で充電が可能なわけではなありませんが、少しでも充電することができればピンチのときだったり、緊急時の際に連絡をとることができます。

アウトドアでの発電手段が増えるのは嬉しいですが、使用する際にはiPhoneがこげてしまわないように注意が必要かもしれませんね。

(via DVICE