こんな履歴書もアリ!?オンラインでクリエイティブに自分を紹介する方法!

Some rights reserved by SOCIALisBETTER

Some rights reserved by SOCIALisBETTER

新しく仕事を探そうと思ったときに必要になってくるのが、履歴書だと思います。これまでは紙を使用した履歴書が多かったものですが、オンライン上でクリエイティブに表現する履歴書もあるようです。

履歴書の目的は、「これまで何をしてきたのか」「どんなことができるのか」「なにをやっていきたいのか」それを伝えることができれば、その伝達の仕方はいろんな方法があってよいと思います。

以下にユニークなオンラインの履歴書の例をご紹介します!

インフォグラフィックな履歴書

Hagan-Blount-Resume

自分の経歴などをわかりやすく一枚のグラフィックにまとめた履歴書。こんなデザインであれば、思わず目をひき、その人がどんな人であるのかついつい注目してしまって、印象に残りそうです。

映像を使用しての履歴書

映像にして、自分のことを紹介している様子。テキストベースでは相手に伝えられることが限定されてしまいます。表情や、声のトーンなどから相手に与える印象はけっこう大きなもの。映像にしての紹介であれば、テキストで伝えられない情報も伝えることができそうです。

スライドを使用して自己紹介

プレゼンテーションのスライドで、自分を紹介している事例。必要な要素を抽出して、わかりやすく整理して人に伝えることが可能になりそうです。スライドを作成している間に自分を紹介する方法を整理することもできそうですね。

このように、既存のやり方ではないやり方で、ジブンの良さをわかりやすく、かつクリエイティブに伝えることができる時代になってきました。オンラインで作成しておくことで、TwitterやFacebookなどツールと併用すれば効果は何倍にもなると思います。

履歴書を書き、見てもらうなど就職活動を行う際に大事なことは、その人がどういう存在なのかがわかってもらい、見る側もそれによって相手のことがよくわかることだと思います。それによって、採用のミスマッチが減るのではないでしょうか。

みなさんも、「オンラインの自分の履歴書を作るとしたらどんなものを作るんだろう?」なんて考えてみることも楽しいかもしれませんよ!

(via Mashable