夜間走行もこれで安全!まばゆいオーラを放ちながら走る自転車「Project Aura」

greenz/グリーンズprojectaura1

近年、“ツーキニスト”と呼ばれる、自転車通勤者が増えてきましたね。満員電車でもみくちゃにされることもなく、運動にもなり、朝から爽やかな気分で仕事が始められると好評です。しかし、自転車人口が増えるにつれ、自動車や歩行者との接触事故が増えつつあるのも実情。とくに、夜間の自転車走行は、そのリスクが高まります。そこで、夜、オーラを発しながら、安全に自転車走行できる、照明アイテムが開発されました。

「Project Aura」は、自転車の車輪の縁に装着できるLED。都市部での夜間の自転車事故を少しでも減らそうと、米カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)で工業デザインを学ぶ、Ethan Frier氏とJonathan Ota氏によって、開発されました。前輪のハブダイナモによって発電し、これによって、明るい光を放ちながら、走行する仕組み。スピードが上がるにつれ、LEDの光は、赤から白へと徐々に変化します。

Project Aura: Bicycle Safety Lighting System from Project AURA on Vimeo.

米国運輸省高速道路安全局(NHTSA)の2009年「Traffic Safety Report」によると、自転車による死亡事故の7割が都市部で起き、中でも、午後5時から午後10時が事故の起こりやすい時間帯だそう。「Project Aura」のように自転車から光を放つことによって、自動車のドライバーや歩行者にもその存在が認識しやすく、事故の防止につながるでしょう。

greenz/グリーンズprojectaura3

「Project Aura」は、夜間、自転車で走行する人々の命を守ってくれる、実用的なアイデア。まだ、開発段階ですが、商品化されれば、日本でもニーズがありそうですね。

[via core77]

ツーキニストのためのオンラインコミュニティを覗いてみよう。