ひょっこりゴルフ島!世界初のソーラー浮き島型ゴルフ場が誕生?

greenz/グリーンズsolarfloating_golfcourse1

ゴルフ場といえば、山や丘、森林の近くにあるというイメージですが、インド洋に浮かぶ島国モルディブでは、世界初、浮き島型のゴルフコースが計画されています。

スイスのゴルフコース開発会社「Troon Golf」は、オランダのエンジニアリング企業「Dutch Docklands」や設計事務所「Waterstudio.NL」と共同で、モルディブに、世界初の持続可能型ゴルフコース島を建設するプロジェクトを進行中。5億ドル(約404億円)を投じ、2015年の完成を目指しているそうです。

greenz/グリーンズsolarfloating_golfcourse2

このプロジェクトでは、太陽光発電でまかなう、人工の浮き島を建設。以前、greenz.jp記事でご紹介した、水上設置用太陽光パネルの事例と似た仕組みで、周りの海水を淡水化し、これらの水で冷却することによって、効率的に太陽光発電を行う方針です。また、各ホールや施設とは海底トンネルでつながれ、ゴルファーさんは、美しい珊瑚礁を見ながら“水中散歩”を楽しむことができます。

greenz/グリーンズsolarfloating_golfcourse3

モルディブ(Maldives)という名は、サンスクリット語のMalodheep(島々の花輪)に由来するともいわれているように、珊瑚礁の島々が“花輪”のように並ぶ美しい国ですが、近年、海面上昇と珊瑚礁の死滅により、国土が脅かされています。そこで、このプロジェクトでは、周囲の生態系への影響を最小限にした上で、持続可能な新しい観光ブームをこの地域に喚起したいと考えています。

近い将来、プロゴルファーの石川遼選手やタイガー・ウッズが、こんなユニークで美しいゴルフコースで華麗なショットを見せてくれるかも!?

[via PSFK]