「家で作って余った電力、売ります!」スコットランドにポジティブエネルギー型住宅が誕生

greenz/グリーンズqb1

どこに住み、どんな暮らしをつくるのか。本当に必要なものは何か。「暮らしのものさし」は、株式会社SuMiKaと共同で、自分らしい住まいや好きな暮らし方を見つけるためのヒントを提供するインタビュー企画です。

機密性・断熱性を高めて省エネルギー化したり、太陽光などの再生可能エネルギーを使って発電し、家庭用電力の一部としてまかなうといった、環境配慮型住宅が、徐々に広がり始めていますが、さらに一歩進んだ取り組みとして、住宅で消費する電力以上のエネルギーを発電し、余剰分を電力会社に売却するという、ポジティブエネルギー型の住宅が開発されました。

英ハートフォードシャー大学(University of Hertfordshire)のMike Page教授を中心とするプロジェクトチームでは、ユニット住宅「QB1」を開発。先ごろ、スコットランドのエジンバラ(Edinburgh)で、このモデルハウスが公開されました。「QB1」は、この住宅の年間消費量を超えるエネルギーを発電でき、余剰エネルギーを電力会社に売却するという仕組みとなっているのが特徴です。

Cube construction from Mike Page on Vimeo.

このユニット住宅は、縦・横・高さとも3メートル。約97平方フィート(約9平方メートル)と小スペースですが、テーブルにソファー、ダブルベッド、シャワー、トイレ、キッチン、洗濯機など、日常生活に必要な機能を完備。LED照明を導入するなど、省エネルギー化に努める一方、内装はシンプルで、スッキリとオシャレにまとまっているのも魅力です。また、エネルギーは、屋根に設置された1.48キロワットの太陽光発電システムで発電されます。

日本でも、「住宅エコポイント」といった公的な制度を通じて、環境にやさしい住宅の普及を推進していますが、「消費するエネルギーをいかに抑えるか?」という視点だけでなく、「どうやってエネルギーを作り出すか?」という発想をも取り入れた「QB1」は、次世代の住宅のカタチを示す事例のひとつといえるでしょう。

[via EcoFriend]