地域の未来への投資となる広告媒体とは?街を元気にするコミュニケーションを行なう「プライスゼロ・プロジェクト」

note1

街でなにげなく手に入るフリーペーパー。読むのは楽しいですが、読み終わったらゴミになってしまうのが残念ですね。そんな使い捨てではない広告の形とは…ということで生まれたのが、今回紹介する、ピーゼロ・ノートブックというフリーノートです。

今やフリー広告自体は珍しくありません。しかしこのノートは、実用性やデザイン性を考え、日常生活の中で永く使えるモノを提供することで、ユーザーとなる学生さんや広告主である地元企業を応援していこうとする興味深い試みなんです!

B5サイズのフリーノート、ピーゼロ・ノートブック。

B5サイズのフリーノート、ピーゼロ・ノートブック。

シャープなデザインが目をひくこのピーゼロ・ノートブックは、静岡市内の大学や専門学校を中心に0円で配布されています。企業広告費成り立っているのはフリーペーパーと同じですが、企業PRはノート内部でシンプルに紹介しているだけ…。広告主さんとしては心配かもしれませんが、読んだら終わりのフリーペーパーと比べ、ノートは生活の中で使えます。より愛着を持って永く使ってもらえるデザインにすることで、学生さんの勉強にも企業PRにも役立つよう、考えられているのです。

このピーゼロ・ノートブックを配布しているのは、静岡市内のクリエイターや若い経営者による、プライスゼロ・プロジェクト。わたしたちが‘まちのひとにできること’をコンセプトとし、人々を笑顔にしたり、地域の未来への投資となったりする広告媒体を考えることで、新しい文化を築こうとしています。その1stアクションとして、ノートブックが作られました。

プライスゼロ・プロジェクトでは2ndアクションとして、サッカーボールの配布も行っています。ボールが無料・・・というのはちょっと贅沢な気もしますが、一つあるだけで友達同士や親子で遊ぶことができるボールはコミュニケーションの手助けになりますし、サッカーイベントは街を活気づけます。そして、将来、このボールで遊んで育った子供たちからプロ選手が出現するかも!といった、サッカー王国静岡ならではの、夢のあるプロモーションなんだそうです。

「ボールはともだち、みんなともだち」をキャッチコピーに、無料配布されたサッカーボール。色もポップでかわいい!

「ボールはともだち、みんなともだち」をキャッチコピーに、無料配布されたサッカーボール。色もポップでかわいい!

昨年7月に行われた配布イベントには1500人もの人が集まりました。今後は全国のJリーグと組んでボールを配布するのが目標だそう。

昨年7月に行われた配布イベントには1500人もの人が集まりました。今後は全国のJリーグと組んでボールを配布するのが目標だそう。

ノートにしてもサッカーボールにしても、受け取る人が笑顔になる展開を考えることで、広告を出す人も笑顔になり、結果、街の発展へとつながる…。このような笑顔の連鎖となる広告展開をこれからも続けて欲しいですね。

ちなみに、今後の予定としては、3月末にノートブック、5月に清水エスパルスとのコラボレーションで、サッカーボールの配布を考えているそうです。詳しくは、プライスゼロ・プロジェクトのウェブサイトで!

(画像提供:プライスゼロ・プロジェクト)

プライスゼロ・プロジェクトのウェブサイトはこちら。