ほとんど水のいらない洗濯機!?90%もの水を節約できる、その秘密とは。

汚れを落とすビーズは、もちろん、再利用可能です!

汚れを落とすビーズは、もちろん、再利用可能です!

空気で洗ったりコースが選べたり、今や節水を意識した洗濯機は珍しくありませんが、今日紹介する洗濯機もまた、通常のタイプより使用する水が少なくて済むといいます。それも、90%以上もカットできるとか…。
2010年、雑誌TIMEによる発明品BEST50にも選ばれた洗濯機なのですが、水を90%もカットできるその秘密とは。

この革命的に水の節約が期待できそうな洗濯機は、イギリスのXerosが開発しています。水だけでなく電力消費量も30%カットできると計算されており(乾燥時間が少ないなどの理由で)、結果、水や電力のコストも抑えられるという、環境にもお財布にも優しい点が魅力の洗濯機です。

特長は、3ミリほどのナイロンビーズを使って汚れを落とすことにあります。取り除かれた汚れは、ナイロンの化学的な特性によりビーズ内に閉じ込められるため、再び衣類に付くことはないそうです。すでに、泥、カレー、赤ワインなどの汚れが落ちることが実証されています。(以下は、会社の紹介とプロトタイプの動画になります)

Xerosはイギリスのリーズ大学から生まれた会社で、ビーズによって汚れを落とすという発想は、汚れを落とすこととは反対の、布を染めるテキスタル研究から生まれたとか。独特の発想というのは、意外なところから生まれるものなのかもしれませんね!

商業用は今年の終わりまで、もう少し小さい一般家庭用は数年先の商品化を目指しているとのことですが、商品化されたら、家電芸人さんたちに教えてあげたいなあ~。

Xerosのウェブサイトはこちら。