ISSUE 環境

5 years ago - 2010.12.22

SHARES  

ゴリラちゃんもウホウホ!? 絶滅危機のマウンテンゴリラがここ7年間で25%増加中

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by naamansaar

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by naamansaar

ワイルドなのに、ちょっとコミカルな雰囲気ゆえ、世界中の人々に愛されているマウンテンゴリラは、近年、密猟や戦争、森林破壊などによって、絶滅の危機に瀕していました。しかし、このネガティブなトレンドに終止符を打ち、希望につながる調査結果が明らかになったそうです。

マウンテンゴリラの保護に取り組む「International Gorilla Conservation Programme(IGCP)」がコンゴ民主共和国・ウガンダ・ルワンダの三カ国にまたがるVirunga Massifを調査したところ、マウンテンゴリラの個体数は、前回の2003年調査に比べて25%増え、480となったことがわかりました。個体数増につながった要因のひとつとしては、IGCPといった環境保護団体と地域コミュニティが協力し、マウンテンゴリラの保護に取り組み続けてきたことが挙げられます。密猟などからマウンテンゴリラを守るために、地域住民によるパトロールを実施したり、定期的な個体数チェックを行ってきたそうです。また、許容できる範囲でマウンテンゴリラの生息地を観光スポットとしても活用。地元経済を活性化させながら、マウンテンゴリラの保護にも取り組むという、ヒトとゴリラの「共生」が実を結びつつあるようです。

ちなみに、マウンテンゴリラの総個体数は、ウガンダのBwindi parkに生息するマウンテンゴリラとあわせ、786頭。1989年の620頭に比べても、個体数が着実に増えていることがわかります。

継続は力なり―。
環境保護団体と地域住民が協力し、ひとつの課題に地道に取り組み続けることによって、ポジティブな成果が生み出されることを、マウンテンゴリラちゃんたちは、私たちに教えてくれている気がしますね。

[via TreeHugger]

マウンテンゴリラについて調べてみよう。

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ