ISSUE まちづくり

5 years ago - 2010.12.18

SHARES  

これなら景観を守れる!かも?都市の景色に溶けこむ道路標識アート

Blending Street Objects With Urban Landscape 1

なんだか標識の向こう側が透けてる…?

Blending-Street-Objects-With-Urban-Landscape-4

やっぱりちょっと透けてるように見えますね。

実はこの標識、ストリートアーティストによる作品なんです。街にあるものがまるで透明に見えるようにペイントすることで、景観に溶け込むようになっています。

写真ステッカーを使用して、道路標識のような公共物や看板に貼り、街の景観に溶け込んでいるかのようにカムフラージュしました。以下は街のものが景観に溶け込んでいる様子です。

Blending-Street-Objects-With-Urban-Landscape-5
Blending-Street-Objects-With-Urban-Landscape-6
Blending-Street-Objects-With-Urban-Landscape-7

中には気づかなくて、ついつい通り過ぎちゃいそうなものもあります。街の景観が壊れないように、ある程度透明に見えるようカムフラージュして、景色に溶けこませる手法は大変面白いですが、それで標識が見えなくなってしまったら本末転倒です。

街の景色を良いものにしながら、標識としての機能も持つ、そんなデザインが必要なのかもしれませんね。

writer ライターリスト

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。1987年岐阜県美濃加茂市出身。 複数のメディアやプロジェクトに携わりながら、編集、企画、取材、執筆を行う。テクノロジー、ビジネス、モノづくり、暮らし、都市、地域など多様な領域を横断して取材・調査・発信することで、未来と未来につながる様々なことを編集していくことを目指しています。 Blogeditor’snaut Twitter@JUNYAmori FacebookJunya Mori Google+Junya Mori

AD

infoグリーンズからのお知らせ