都会の公園でキャンプをしよう! 東京キャンプはじめました。

tokyocamp image

———こんにちは。サステナブルな社会をめざして活動をしている岩崎です。(東京キャンプ代表/丸の内朝大学・ピクニックプロデューサークラス主催)

近年、ファッション誌やカルチャー誌などでもアウトドアファッションやグッズが採り上げられるようになり、野外フェスや山登り人気、アウトドアグッズの機能性アップやラインアップの充実を背景に、アウトドアが注目を集めています。

greenzの『グリーン白書アンケート』でも〈自分でキャンプを企画して行く〉という人が約5割でした。




キャンプの醍醐味って?

東京キャンプはじめました

キャンプの醍醐味って何でしょう?

緑あふれる自然の中に、自分たちのお気に入りのスポットをみつけて、テントやタープを張って、テーブルやイスを配置する。それだけで、自分たちだけの秘密基地ができあがる!好きな音楽を流したり、料理を作ったり、普段のなにげない作業が妙に楽しいですよね。

日が暮れて灯すランタンや、たき火の明かりのあたたかさ。気付かなかった静寂、お酒を呑みながら明け方まで仲間と語り合って・・。自然の中でシェアする時間はどこか特別で、ぐっと仲間との距離も近くなります。



都会でもキャンプがしたい!
そんなアイデアから生まれた「東京キャンプ

greenz/グリーンズ 東京キャンプ&ピクニックプロデューサークラス

キャンプやアウトドアを満喫するために、都会に住む私たちは休日にフル装備を車に詰め込んで、数時間かけて都内近郊の自然へ向かいます。コンクリートジャングルであくせく働く日常と、オフで思いっきり自然を満喫する非日常。

夏フェスが好きな人は、大好きなフェスを堪能したら、また来年まで待つ待ち遠しさを感じたりしませんか?残りの364日はどうしたらいいの!?と、帰りの車の中でもう一度引き返したくなるような人も多いはず。

それはつまるところ、キャンパーやアウトドアが好きな人にとって、日常を生活する都会は、サステナブルではないし、「サステナブルなまち」とはいえないですよね。

日常でもリフレッシュできて、自然のパワーを気軽にチャージできれば、都会の生活ももっと居心地よいものになるはず!

そんな想いから、「都会でもキャンプをしよう!」と大声で叫び、もっと自然が身近に感じられるライフスタイルを提案するのが、この「東京キャンプ」。

平日のアフターファイブやあまり時間のない週末でも、都会の「公園」や「河原」、「ちょっとした気持ちのいい場所」等の緑を活用して、もっと気軽に、楽しく、心地よく集えるグリーンな場をつくりたいと考えています。

greenz/グリーンズ 東京キャンプ&ピクニックプロデューサークラス

主な活動としては、greenzと企画した「greenz drinks Tokyo キャンプ」や、普段からそと遊びを提案しているNICE TO MEET YOUとの「桜キャンプ in多摩川」を企画したり、私たちの知る素敵な場所をみなさんに紹介したり。と、自然で楽しむこと、人と人がつながる企画を、小さなことからちょっと大胆なことまで日々アクションしています。




ピクニックからはじまるサステナブルアウトドアライフ!
丸の内朝大学・ピクニックプロデューサークラス

greenz/グリーンズ 都会の公園でキャンプしよう! 東京キャンプ&ピクニッククラス

そんな「東京キャンプ」が生まれたきっかけは、greenz編集長の鈴木菜央氏が講師を勤める『丸の内朝大学 環境ソーシャルビジネスプロデューサークラス』。約3ヶ月という期間で、さまざまな業種の仲間と同じ目標に向かい、濃厚な時間で立ち上げたのは貴重な経験です。

そして、『東京キャンプ』代表の私と、趣味が高じ、アウトドアショップ経営を始めたキャンプ仲間、『Solaryth』の店長そうたろう君講師となり、「いつでもどこでも、もっと自然を身近にして東京を楽しくしたい!」と、朝大学夏学期より『ピクニックプロデューサークラス』を主催することになりました。

ピクニックやアウトドアの基礎から学び、自分たちでプロデュースすることを目指すこのクラスは、卒業生がクラスを持つ初の試みです。



なぜ、ピクニックなの?

都会の公園でキャンプをしよう! 東京キャンプ&ピクニックプロデューサークラス

それは、「ピクニック」は、キャンプや山登りやサーフィンなど、さまざまなアウトドアアクティビティの中でも最も敷居が低く、誰でもいつでも自然を感じることができるから。

入り口の広いピクニックをより楽しむための、オススメスポットや外ごはんの作り方、さらにアウトドアアクティビティに視野を向けていろいろなスタイルを学びながら、自分たちでもオリジナルのピクニックスタイルを発見しようというクラス。ピクニックならではの自由なコミュニケーションから、まだ見ぬ外あそびのアイデアが生まれることを楽しみにしています。



アウトドアはアイディアの宝庫!

東京キャンプ&ピクニックプロデューサークラス

また、ちょっとしたアイデアや工夫で何倍も楽しくすることができるのも外遊びならではもの。例えば、ハンモック。2本のロープは必ずしも木にかけるとも限りません。ステキな隙間を見つけたら、そこをハンモックスペースにすることができる支えの付いたアイテムなんかもあるんですよ。

他にも、ちょっと凝った外ごはんを作りたい!と思ったら、コッヘルとバーナーがあるだけで、いろんな外ごはんをつくることができたり、段ボールがあれば、高価な道具がなくてもスモーク料理まで作れるんです。

おいしい料理を堪能したら、裸足になって川のせせらぐ浅瀬にイスを置き、ゆったりとした時の流れを感じてみてください。きっと今までにない心地よさを体感できるはず。近くの公園でのピクニックでも、裸足になるだけで、何倍もきもちよくなれるし、芝生にごろりと寝ころべば、大きな青空がひろがる心地よい自然にきづくことができます。

こんな、わたしたちのキャンプライフで培った秘密の技を惜しみなく紹介たり、各授業ではピクニックやアウトドアの専門家をお呼びして、オススメの公園や外ごはん、アウトドアアクティビティについて教えてもらいます。



greenz/グリーンズ 都会の公園でキャンプをしよう! 東京キャンプ&ピクニックプロデューサークラス

「東京キャンプ」や「ピクニックプロデューサークラス」を通して、もっと人々が自然の中の心地よさを感じて、ゆるやかに集えるライフスタイルや、場が広がって、人もまちも自然もグリーンでサステナブルにつながっていったらいいなと思っています。

ピクニッククラスの様子はtwitter (@tokyocamp) で中継していますのでぜひチェックしてみてください。秋学期も開催予定です!

これからの東京キャンプのイベントも随時greenzで告知していくので、お楽しみに!

東京キャンプをチェック!

丸の内朝大学 ピクニックプロデューサークラスを見てみよう

ピクニッククラスの実況中継もする東京キャンプのtwitterをフォロー!