3月27日、ダースベイダーが地球を救う!

ad01

去年アースアワーのコミュニケーションで、
ダースベイダーが使われていることをご紹介しました

今年のアースアワーでも、
ダースベイダー、活躍します。

今年はWWFのベルギー支部が
ダースベイダーを起用しています

3月27日土曜日の20:30から
みんなで照明のスイッチを切ろうと
呼びかける、アースアワー。

若い人たちの参加を増やすために
つくられたムービーでは、
ダースベイダーは恐怖の大王ではなく、
地球に生活するひとりの男として描かれています。

ダースベイダーは切なく、
こんなことを訴えます。

「宇宙征服をたくらんではいるけれど、
 実は私はそんなに悪いヤツじゃないんだ。
 ダークサイドはいいものかもしれないよ。
 地球が抱える問題を解決するために、
 あんたもダークサイドに踏み込んでみないか。
 電気を、消してほしいんだ。」

CMは、こう締めくくられます。

そのひととき、ダークサイドは地球を救います。
ひょっとしたら、ダース・ベイダーも、
ライトセーバーの光を消すかも知れません。

WWFベルギーでは、
FacebookTwiitter、そして
Flickerなどのソーシャルメディアを
使った展開も同時に行っています。

ダースベイダーが地球を救うなんて、
20世紀には誰も考えませんでしたよね!

ダースベイダーも変わる時代です。
私たちも、視点をポジティブに変えて、
社会の課題に立ち向かっていきたいですね。