ISSUE

6 years ago - 2010.01.16

SHARES  

今年はコレがキテます!?CES2010で注目のグリーンガジェット5選

Logo for International CES: Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by gregverdino

Logo for International CES: Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by gregverdino

2010年1月7日~10日、米ラスベガスで家電博覧会「International CES」(CES 2010)が開催された。全米家電協会(The Consumer Electronics Association・CEA)が主催するこのイベントでは毎年、各企業イチオシの最新のAV機器・オーディオ・PCなどが発表されているが、中でも近年注目されているのが、環境負荷の軽減や省エネルギーに活用できるグリーンガジェットだ。それでは、「CES 2010」で紹介された2010年”赤丸要チェック”のガジェットたちをみていこう。

1: HYMini

HYmini』はMINIWIZが製造する手の平サイズの充電器。以下の動画で紹介されているとおり、風力と太陽光で”ハイブリッド”に発電し、携帯電話・iPod/iPhone・デジタルカメラなどのデジタルデバイスに充電できる優れモノだ。

2: SolarBulb

SolarBulb』も『HYmini』と同じくMINIWIZの製品。使用済ペットボトルの口に取り付けると、ヘッドのソーラーパネルで太陽光発電し、このエネルギーを使ってLEDライトを光らせることができる。自動感応式光センサーが搭載されているため暗い場所を自動的に照らすことができ、ガーデニングライトや夜間照明など、用途の幅は広い。

SOLARBULB: Copyright (c) 2010 HYMINI, All Rights Reserved

SOLARBULB: Copyright (c) 2010 HYMINI, All Rights Reserved

3: OrigAudio

OrigAudio」は段ボールなどのリサイクル素材でできたスピーカーだ。オーディオプレイヤーにつなげば、このスピーカー越しに音楽を楽しむことができる。一般にオーディオ機器は無機質な印象になりがちだが、このスピーカーは段ボールや新聞紙・電話帳などの紙素材をリユースし、独特の温かみや風合いを与えているのが特徴だ。自分のデザインで特注するサービスもあるので、仲間同士で”お揃い”の「OrigAudio」を作ってみるのもいいかもしれない。

4: mPower Emergency Illuminator

mPower Emergency Illuminator」はPorsche Design Studioデザインによる懐中電灯。20年以上の寿命(未使用時点)を持つ独自のバッテリーは耐久性に優れており、「CES Innovations 2010」のPersonal Electronics部門でも優秀賞に輝いている。また、USBポートを使って充電できる仕組みで、利便性にも配慮されているのが特徴的だ。

5: YoGen

YoGen」はシンプルな手巻き式充電器である。以下の動画でユーモラスに描かれているとおり、この充電器のひもをギュっと引っ張るだけで発電し、携帯電話などのデジタルデバイスに充電できる仕組みだ。太陽光や風力などと異なり、天候に依存せずいつでもどこでも充電できるため、非常用充電器としても使えるだろう。

「CES 2010」では、このほか、iPhone用ソーラー充電器「Solargenix」やKinbamboo Industry竹製マウス・キーボードなど、ユニークなグリーンガジェットが多数紹介されていたそうだ。2010年、どのような製品が、私たちの生活を便利にしつつ、環境に優しい未来へといざなってくれるだろうか?「このガジェットもオススメ!」というとっておきの逸品をご存知の方々、ぜひgreenz.jpでも共有し合いましょう!

CES2010の出展企業を調べてみよう。

「EnviroGadget」で気になるグッズをチェックしよう

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ