トイレで衝撃とともに反省を促す広告

dispenser

トイレで用をたしたあと、
手を洗おうと石鹸の
ディスペンサーのボタンを押すと、
ポタン…と、
真っ赤な液体が落ちてきます。

ギョッと思って、
ディスペンサーを見ると、
上のほうにこんなコピーが書かれています。

「家庭内暴力を糾弾しないなら、
 あなたは犯罪に加担していることに
 なります。

 213 861 664にお電話ください。
 そして、罪を洗い流してください。」

…。dispenser2

これは、ポルトガルで
アムネスティが実施した広告です。

家庭内暴力、いわゆる
ドメスティック・バイオレンスは
日本でもれっきとした犯罪です。

身近な人にその兆候があったとき、
それを見過ごすことは、犯罪を
助けているのと同じことなんですね。

赤い液体をつかって、
「罪を洗い流してください。」
というのが、ブラックですが
心にズシリと残りますね。