明治神宮でもうひとつのアースデイ開催!いのちの森に感謝の気持ちをささげよう

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by w00kie

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by w00kie

いよいよ今週末に迫ったアースデイ東京2009。見たいステージ、行きたいお店、あれこれ計画している方も多いことだろう。

年々盛り上がりを増すアースデイ東京だが、今年は明治神宮でも地球について考えるこんなイベントが開催される。第1会場の代々木公園がアクション・ムーブメントのアースデイなら、こちらはフィーリング・ネイチャーのアースデイ。

こちらも見逃せない!

代々木公園から徒歩約20分。都会の真ん中に静かにたたずむ明治神宮に足を踏み入れたことがあるだろうか。広大な“鎮守の森”に囲まれた緑豊かなこの地は、都心のパワースポットとしても有名。その静寂と空気に、誰しも心が洗われるのを感じることだろう。

そんな明治神宮で「アースデイいのちの森2009」が開催される。アースデイ東京2009と共催のこのイベントでは、

つながるいのちに、ありがとう

をテーマに、自然体験や、映画上映、ダンスやヨガのワークショップなど、様々なプログラムが用意されている。そのいくつかをご紹介しよう。

inochinomori_flyer
アースデイいのちの森2009

鎮守の森で森林浴を体験する「グリーンウォーク」では、案内人と共に春の息吹を感じることができる。時間はたっぷり1時間半。都会生活の慌しさを忘れさせてくれることだろう。19日(日)は朝6時半から、「グッドモーニング!グリーンウォーク」も開催!代々木公園の前に、すがすがしい朝の空気を感じに行くのもよいだろう。

太陽光発電による音楽、踊り、語りが楽しめる「ソーラーステージ」は、母なる地球へと捧げる舞台として、「奉納」をテーマに開催。東京フィルハーモニー交響楽団の有志による演奏、アボリジニやケニアの伝統音楽やダンス、古代フラダンス、ライブペインティングなど、滅多に聞けない、見られないプログラムが満載だ。

明治神宮参集殿では19日(日)、映画上映とシンポジウムが開催される。上映は、「地球交響曲第5番」「アース・ピルグリム」「ベラ・ガイア」の3本。地球意識を感じさせるこれらの映画を神殿で鑑賞すると、また違った感覚が呼び起こされるかもしれない。

シンポジウムは、“ワールドシフト”を呼びかけているブダペストクラブアーヴィン・ラズロ博士の映像メッセージを元に、パネリスト野中ともよ、C.W.二コル、稲本正、竹村真一らがトークを展開。環境問題のキーマンたちから、どんな発言が飛び出すか、目が離せないシンポジウムになりそうだ。

いのちの森実行委員会によると、これらのイベントは全て“地球に捧げる”ものなのだという。“アースデイは地球に感謝する日である”という原点に立ち返り、見返りを求めない“ありがとう”の気持ちで、地球に向けたコンサートやワークショップが行われるのだ。

その会場として、明治神宮はまさにベストスポットといえよう。

meiji_shrine01
都心とは思えない自然の姿が残る明治神宮
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by DavidHughes

明治神宮の鎮守の森は、世界に類を見ない人口の森。元々は荒地のような景観だった土地に、「永遠の森」を目指した壮大な計画が始まったのは大正4年。全国から10万本もの植樹用の木が寄せられ、365種の植物が生息する森となった。気候にあわない種類もあり、現在は246種類となったが、東京ドーム15個分の境内に17万本もの木々が自然の状態で生い茂る“いのちの森”と呼ぶにふさわしい森として生き続けている。

鎮守の森は、横浜国立大学が東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の172社寺を対称に実施した調査において、30年前と比べて約3割が消失したという結果となるなど、開発などの影響により減少している。自然そのものを信仰の対象とする日本古来の考え方を具現化した鎮守の森の減少は、決して看過できることではない。
そんな現状もあるため、明治神宮はますます貴重な存在となっているのだ。

昨今のエコビジネスの盛り上がりの中、私たちは大事な何かを忘れてしまっていないだろうか。明治神宮は、神社という神聖な場所のため、このイベントで宣伝や販売は全てNG。そんな利害関係の排除された環境に身をおくことで、地球に感謝する日であるアースデイの原点とも言えるなにかが見えてくるかもしれない。お店やステージの並ぶアースデイイベントとは違う、“もうひとつのアースデイ”がここで体験できることだろう。

私たちはお母さんから産まれ出てからずっと
大地の母の森の恵みである水、空気、土
そして生き物たちのいのちを
いただいて育ってきました。
私たちはしぜんそのもの「いのちの森」の一部です。
つながるいのちに、ありがとう。
(アースデイいのちの森2009フライヤーより)

持ち物は、地球への感謝の気持ち。
あなたも含む“いのち”が主役のアースデイ、ぜひ参加してみよう!

イベント内容詳細やフライヤーはコチラ!

明治神宮ってどんな場所?来場前に歴史や自然をチェック!