祝!地球初「100%オーガニックバー」が開店!!

Gustorganic before the bar, courtesy of Keetsa

Gustorganic before the bar, courtesy of Keetsa

地球初の100%オーガニックバーがニューヨークにお目見え。オーガニックバーGustOrganicは、アメリカの農務省(USDA)が認証した“初のオーガニックバー“。ビール、カクテル、ワイン、リキュールといったアルコール類は、もちろんすべてオーガニックもの。

さて、早速、開店の祝賀パーティに参加。100%オーガニックのマティーニ、モヒート、マルゲリータにトライ。おかげで、「100%オーガニック」な二日酔いも初体験してしまった(苦笑)。まず感動したのは、なんといっても店内のムード。昼間はオーガニックレストランとして営業中のこのオーガニックバーは、全体的にシックな雰囲気。暗めの照明、シンプルな装飾、開放的なレイアウト。グリニッジビレッジのオーガニックレストランというよりむしろ、ソーホーのクラブみたいだ。

100%オーガニックバー「GustOrganic」のオススメ

GustOrganicは、ラム、ウォッカ、ウィスキー、テキーラ、オーガニックワイン、オーガニックビールなど、オーガニック認証されたアルコール類が豊富。また、カクテルに使う新鮮なフルーツもたくさんある。

どのドリンクも、化学物や人工物質・ホルモン、殺虫剤は一切入っていないんですよ。

GustOrganicは語る。これはもちろん環境面でもよいことだが、翌朝の二日酔いの頭痛も、和らげる効果があるという。マティーニやモヒートといったテッパンを試しに飲んでみた。どれもとても美味。とくに、モヒートは今まで飲んだ中で一番フレッシュ。しかし、本当の目玉は、フレッシュフルーツのカクテルだろう。マンゴ、オレンジジュース、ウォッカで作られたFresquito、ストロベリー満載のRojitoは絶品。実に素敵な夜を過ごした。そして、翌朝・・・。オーガニックドリンクそのものが頭痛を和らげる、というわけではなさそう。頭痛があまり起こらないのは、メニューに載っている全種類のドリンクを制覇しようとしなかった人に限られるようだ(笑)。

「GustOrganic」はその先へ

GustOrganicは、オーガニックレストランとして、以前からオーガニックやサステナビリティを推進。オーナーであるAlberto Gonzalezは、エコフレンドリーな場所を数多くこの店とともに作ってきた。店の屋根には風力発電機。メニュー表は100%再生紙を使用し、大豆インクで印刷。もちろん、メニューにあるフード、ドリンクなどの原材料には認証オーガニックのみを使用している。Gonzalezは、毎週土曜日このバーを遅くまで営業し、オーガニックカクテルをふるまうとともに、通常のレストランタイムもこれまで同様に営業する。

ニューヨークの週末には、地球初オーガニックバーGustOrganicに訪れる価値アリ!オシャレな雰囲気に身をゆだね、オーガニックドリンクを片手に、私たちの地球をゆるりと考えてみる。一味違ったニューヨーカー気分を粋に味わうことができるだろう。

:TreeHugger(翻訳・記事:greenz)