今年のクリスマスは、高島屋&フェアトレードチョコのコラボケーキで舌づつみ!

チョコレボ実行委員会

チョコレボ実行委員会

クリスマスは、この世界に魔法の杖をふる。
by ノーマン・ヴィンセント・ピエール

もうすぐクリスマス! そして、クリスマスといえば「ケーキ」。最近では、人気パティスリーやホテルのものと種類は様々で選ぶのに迷ってしまいますが、今年は「フェアトレード・チョコ」を使ったケーキはどうだろう?

全国の高島屋で、老舗洋菓子ブランドのヨックモックユーハイム、関西で愛されるパティスリーモーンと、フェアトレード・チョコがコラボしたケーキの予約を受付中だ。

コラボ企画の運営サポートをしたのは、チョコレボ実行委員会。カカオ作りのビターな現実に目を向け、人と地球にやさしいチョコを広めるべく活動をしている団体だ。

「世界が幸せになるクリスマス」と題した、今回のケーキ。材料となるチョコレートには、オーストリアのフェアトレード・チョコレートブランド「Zotter」のクーベルチュールチョコレートを使用。はじめてのフェアトレードケーキとなる。

※予約受付 12月12日まで(関西は15日まで)、タカシマヤ全店舗
 引渡し  12月23~24日

また、チョコレボ実行委員会は、今日から東京ビッグサイトにて開催される、国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2008」(12月11~13日)に「チョコレボ@エコプロ」として出展予定。日本経新聞社の協力により発信する企画展示ブースだ。

choconomori.jpg

このブースでは、この夏に行われた「チョコレボ・ガーナプロジェクト」の世界観を、岡野正子さんのイラストを展示。チョコレボ実行委員会とさまざまな企業によるこれまでのコラボレーション実績や、日本のフェアトレードに関する市場調査の結果などを報告する。

おいしいチョコで、世界をハッピーに! この冬は、フェアトレード・チョコで心をホットにしませんか?