温暖化を止めるために、地球に注射をブスッ!

medical1.jpg
温暖化による気候変動は、
もはや手のほどこしようがないくらいの
段階にあるようです…。

地球がこれまで持っていた力を
取り戻すためには相当な荒療治が必要なようで、
ついにドイツでは大地に巨大な注射を
することになりました。

…というのはウソで(笑)、
これは気候変動に対する
市民の行動を促すための屋外広告なんですね。

メッセージは、
「環境のための治療では、
 あたなの貢献に勝るものはありません。」

具体的な行動としては、
白熱灯から蛍光灯への切り替え、
乾燥機を使わずに天日干しにすること、
公共交通機関を使った移動などが
例にあげられています。

medical2.jpg medical3.jpg
medical4.jpg

促す行動はどれも
これまでさんざん言われてきたことですが、
「またかよ」と見過ごされないために、
地面に突き刺した巨大注射器という
アクロバットな媒体を使ったんですね。

環境に対するメッセージがあふれるようになった今、
どう伝えるかのアイデアなりテクニッックなりが
より大切になってきているような気がします。

当たり前のことを当たり前の方法で
伝えるだけでは無視されて終わるだけですし、
エネルギーと資源のムダづかいに
なっちゃいますからね!