アメリカが発表した「21世紀型の食と農業に関する宣言」が持つ意味

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by thebittenword.com

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by thebittenword.com

私たち署名者は、現代の緊急課題を解決するために健康的な食料システムが必要だと信じている

この言葉は、アメリカのルーツ・オブ・チェンジ(Roots of Change)が中心となって作成された『食と農業に関する宣言』のはじまりの部分。

この宣言は、起草者たちが21世紀の農業政策の基礎になるべきだと信じる12の基本要素から構成され、サステナブル・フード・ムーブメントに関わる200名以上のリーダー達によって承認されたものだ。

宣言の目的は、現在の高度に工業化された農業から、より健康的でサステナブルな現代的農業システムへ移行するために、そのための活動の骨組みを提供すること。

農業に関するリーダーたちが優先事項や価値観を明確に示すことで、立法者、政策立案者、積極的に行動を起こそうとしているアメリカ国民が安心して、また、簡単にそれらを参考にすることができるのだ。この宣言は、スローフードUSA(Slow Food USA)やピープルズ・グローサリー(People’s Grocery)環境防衛センター(Environmental Defense Center)のメンバー達をはじめ、多くの人々に支持されている。

多くの人が協力し、このように公式な形でこの宣言を出したのには理由がある。すでに多くの人が知るように、農業と食の未来は、21世紀で最も重要な環境、そして経済的課題だからだ。日本の農業の世界にもこのような取り込みがあれば、もっと農を盛り上げることができるのかもしれませんね。

Tree Hugger(翻訳:greenz)