捨てられるはずの封筒で遊んじゃえ~!アメリカ発、リサイクル“origami”サイトが登場。

「origami(おりがみ)」が欧米でも通じる単語であることをご存知?その起源にはさまざまな説があるが、日本語の「折り紙」が言葉としては世界で使われている。このorigamiを、本来捨てられるはずの封筒で作っちゃう、そんなチャーミングな発想で作られたサイトがこちら「Netflix origami」だ!

origami_s.jpg


このサイトを運営するのはアメリカのオンラインDVDレンタル会社「Netflix」。創業以来業界第一位の座を守り続けているこの企業が、なぜこんなサイトを?

その秘密はDVDレンタルの時に利用する封筒。郵送されてくる封筒は、返送するときにその一部を捨てるようになっている。サイトではその部分を使って作る折り紙が紹介されているのだ。普通の折り紙と違い、正方形ではないところからスタートするため、その折り方も特殊。さらに、独特のカラフルな柄を活かして作られた折り紙はお見事!きっと抜群のセンスと遊び心で楽しみながら考案されたに違いない。

サイトに紹介されているのは、カエル、スワン、ハートなど、全13種類。
origami_step.JPG

この写真はスワンの作り方の一部だが、ご覧のとおり、手順が写真とともにひとつひとつ細かく丁寧に説明してあるので、誰でも簡単に作ることができそうだ。サイトでは、

NetFlix tear-off flaps are sturdy, colorful, and perfect for origami and paper airplanes, so don’t just toss those wrappers into the recycling bin.
(NetFlixの封筒の切れ端は強くて、カラフルで、折り紙や紙飛行機作りに最適なので、包み紙をゴミ箱に捨ててしまわないでください。)

と呼びかけている。また、この折り紙を作るためには、封筒を丁寧に開ける必要があるので、ものを大切に、そして丁寧に扱う心が自然に生まれそうだ。

レンタルのたびに捨てられるだけの運命だった封筒の切れ端が、こんなにかわいい折り紙に。ものの見方を変えるヒントは、こんなところにも転がっているのですね。