9月のアースビジョンは 「暮らし」と「アジア」を考える!with ピース&グリーンボート

greenz/グリーンズ Earth Visions

1992年にアジアで最初の国際環境映像祭として始まった“Earth Visions”、現在は年に1回の映画祭に加え、ほぼ月1回のペースで新宿御苑での上映会を行っている。9月28日の上映会は“Peace & Green Boat”との共同企画で、アジアの持続可能なライフスタイルについて考える映像&トークイベントだ。

今回のイベントで上映される映像は、第15回地球環境映像祭で入賞した『石おじさんの蓮池』と第16回地球環境映像祭で子どもアース・ビジョン賞を受賞したルイス・フォックス監督の『ミートリックス』の2本。どちらも楽しみながら環境について考えることができる小品だ。特に『ミートリックス』は“あの”ハリウッド大作のパロディ・アニメだというから見逃せない。

greenz/グリーンズ MEATRIX
ミートリックス

“Peace & Green Boat”は、韓国で「ソウル環境映像祭」を実施している環境NPO「環境財団」と日本を拠点に、国際交流の船旅をコーディネイトしている国際NGO「ピースボート」が共催している日韓共催のショートクルーズ。4回目となる今回は11月21日に神戸を出発し、石垣島、台湾の基隆、韓国の釜山をまわり、28日に広島に戻ってくるという日程。今回のイベントではこの船旅の紹介も行われる。

“Earth Visions”のほうは、来年3月に行われる第17回地球環境映像祭に向けて先月ウェブサイトもリニューアル、現在は応募された作品の審査が進行中とのこと。前回の第16回地球環境映像祭で最優秀賞を受賞した『水になった村』は9月20日から開催の「ドキュメンタリー・ドリームショー 2008」でも上映されるし、アース・ビジョン大賞を受賞した『クルード -むき出しの欲望の果て』は10月3~4日に東京都多摩市のパルテノン多摩で開催されるシンポジウム「アジア太平洋の映像で見る地球温暖化」の中で上映される。“Earth Visions”が発するメッセージは着実に広まっていっているが、高まる地球環境への不安に対する答えを探す“Earth Visions”の旅はまだまだ続くのだ!

アース・ビジョン in 新宿御苑

日時:2008年 9月28日(日)
会場:新宿御苑インフォメーションセンター
(東京都新宿区内藤町11  TEL: 03-3350-0151)
※予約不要 
主催・問い合わせ:
アース・ビジョン組織委員会
Tel: 03-5802-0525 
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 
<<<<< <<<<< プログラム <<<<< <<<<< 開場:14:00 開演:14:30(トーク&上映) 16:00までに終了予定