無印良品がナイロン製品を回収・リサイクルして再製品化へ

muji1

良品計画は12日、東レと共同で、ナイロン製品8品目のケミカルリサイクルを10月1日から始めると発表しました。ケミカルリサイクルというのは、使用済みの資源に熱や圧力を加えて、元の原料に戻したり、油化したりガス化したりしてから再生利用することをいいます。

今回同社は、マイバッグやポンチョのほか、限定生産のポーチや風呂敷など、東レの開発したナイロン6を使用している8品目を、全国の無印良品でボールペンと引き換えに回収。東レが1kg1円で買い取り、再びナイロン原料に戻して無印の商品に再加工するとのこと。これにより、製造にかかるエネルギーを約70%節約し、CO2の排出量も約70%削減できるそうです。

対象商品は多くないですが、店舗数が多いので相当なCO2削減につながりそうですね。ぜひこれから、リサイクルできる他の繊維製品にも取り組みを広めるとともに、リサイクルしにくいプラ製品の素材をリサイクルしやすいものへ切り替えていってほしいと思います。